1. 子供が熱!でも仕事を休めない・・・そんな時は病児保育を利用

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/06/27
子供が熱!でも仕事を休めない・・・そんな時は病児保育を利用

子供の体調不良による度重なる早退や、看病のために急に会社を休まなくてはならないことが続くと、とても心苦しいものですよね。そんな時に心強い「病児保育」についてご紹介します。

働くお父さん・お母さんの心強い味方「病児保育」

子供の体調が悪くなり保育園からお迎え要請があった時、実家の両親にお迎えや看病をお願いするご家庭もあるかと思います。でも実家が遠い、両親も仕事をしている…など、ヘルプを頼めないおうちも多数あるのが実情。そんな共働き夫婦やシングルマザー、シングルファザーの心強い味方が「病児保育」です。これは、各自治体が行っている、病気や病気回復期にある子供を預かってくれるシステム。「子どもが病気になったけれど、どうしても仕事を休むことができない!」そんな時は、地域の病児・病後児保育施設を利用してみてはいかがでしょうか。

病児保育の利用には、事前登録が必要

東京都の場合は【区内に在住する生後6か月から就学前のお子さんで、「病気の回復期」にあり次のいずれかに該当する場合が対象】という利用条件があります。また、保育園に在園しているお子さんだけでなく、幼稚園や家庭保育をしているお子さんも利用できます。ただし、利用には事前登録が必要。登録申込書に必要事項を記入して、区役所の子ども支援課に提出します。一度登録しておけば、区内のどの病後児保育室でも利用できるので、対象年齢になったらあらかじめ登録しておくといいですね。申込方法や利用条件、利用の仕方は自治体によって異なるので、自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

料金もリーズナブルなのは、さすが公共事業

自治体が運営している病児保育は、各自治体ごとに利用方法や対象年齢など詳細が異なります。東京都千代田区場合は、月~金の平日限定で、午前8:30~午後5:30の利用料金が1日2,000円。別途昼食代300円、おやつ代100円も必要ですが、非常にリーズナブルな価格設定なのは嬉しい限りです。ただ、土日祝日や夜間は対応不可なので、土日勤務や夜勤の人は利用が難しいのが現状です。

一方、都内で一般のベビーシッターを雇おうとすると、数万円の入会費や年会費が必要な上、その都度1時間に2,000円以上のシッティング料金、さらに病児保育には1回数千円のオプション料金がかかる業者も。千代田区では、病児・病後児保育のベビーシッター利用料を補助する制度もあります。入会金、年会費、登録料などを除く利用料金の2分の1を区が助成してくれるので、ぜひ覚えておきたいですね。助成は年度内に4万円までなどの制限もあり、感染症流行時には病児保育の事業所が受け入れ不可の場合もあるので、必要に応じて上手に活用するのがよいでしょう。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop