1. 地域医療・福祉の窓口の役割を持つ、病院や介護施設の広報の仕事

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/07/20
地域医療・福祉の窓口の役割を持つ、病院や介護施設の広報の仕事

病院や介護施設の求人で「広報係」を募集していることがあります。実は、医療や介護の業界では広報に力を入れている事業所が少なくありません。ここでは、病院や介護施設の広報の仕事について解説します。

医療・介護業界で広報に力を入れるわけは?

医療・福祉業界にとって広報としての仕事は多岐にわたり、行っている業務には主に次の目的があります。まずは、病院や介護施設の強みとする医療・福祉活動を広くPRすること。地域住民や患者さんに健康に関する啓発を行うこと。そして、地域住民のグループを作り、事業所の医療・福祉活動に協力してもらう体制を作ることなどです。医療・福祉業界にとって広報が担う役割は大きく、広報に力を入れている事業所は数多くあります。

ただ、事業所としてどの目的に重点を置いているかで、広報の仕事内容は異なります。事業所の医療・福祉活動を広くPRすることに重点を置いていれば、広報部を作り、複数の専門職員を配置することが多いようです。一方で機関誌作りによるPRで十分と考えている事業所であれば、事務員や介護スタッフが兼任することも多いでしょう。また、地域医療や地域福祉に力を入れている事業所では、地域医療連携部という部署を作り、そこで地域住民グループの事務局を担いつつ、広報業務を担っています。

機関誌作りだけではない広報の仕事

では、広報の仕事とは具体的にどんなことをしているのでしょうか。広報と聞くと、機関誌を作ることが仕事ということは想像できると思います。確かに、部署を設けず事務員や介護スタッフが兼任で広報を担っている事業所では、機関誌作りがメインとなることが多いようです。でも実は、広報の仕事はそれだけにとどまりません。広報部や地域医療連携部などの独立した部署がある事業所の広報は、機関誌作りの他にもいろいろな仕事があります。地域住民向けに健康に関する講演会や健康チェックなど、楽しみつつ健康に関心を持ってもらうようなイベントを企画することも。また、マスコミ対応や学生の院内見学の対応などに関して、窓口の役割を担うこともあります。患者会や地域グループを組織している事業所では、事務局として会合に参加するのも大事な仕事です。広報の仕事とは、機関誌に載せる記事の取材から、事務仕事や外に出て行うことまで幅広いのです。

広報係にはこんな人が向いています

広報の仕事は、機関誌の発行回数ごとに記事内容の企画立案をするので、好奇心が旺盛でフットワークが軽い人が向いています。業務内容によってはさまざまな職種の人と関わりますので、明るく社交的な人のほうがいいでしょう。また、最近は事業所のウェブサイトの管理やブログの更新を任されるケースも少なくないので、パソコンやインターネットの知識があると仕事がしやすくなります。病院や介護施設の求人は経験者の募集が多いですが、広報や地域医療連携部の仕事の場合は未経験可の募集も少なくありません。むしろ、広報部の適性から見て、未経験の仕事でもチャレンジしていこうという意欲のある人のほうが望ましいといえます。広報の仕事はさまざまな業務を通して、病院の医療スタッフや介護スタッフとは違った角度で患者さんや地域住民の生の声を聞くことができる、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop