1. 仕事を探す前に必ず知っておきたい最低賃金とは?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/08/24
仕事を探す前に必ず知っておきたい最低賃金とは?

最低賃金という言葉は聞いたことがあっても詳しくは知らないという人も多いのではないでしょうか?ここでは、求職者が必ず知っておきたい最低賃金について解説します。

そもそも最低賃金とは何?知っておくべきこととは?

最低賃金とは、法律に基づいて国が定めた賃金の最低額のことです。したがって企業などの使用者が労働者に支払う賃金は、最低賃金額以上でなければいけません。たとえ労働者と使用者が双方合意の上で最低賃金を下回る賃金を定めても、法律によって無効とされたり、使用者に罰則が科せられたりと、厳格な適用が求められています。これらは転職・復職活動をする際に重要なポイント。最低賃金とは何かについて基本的なことを理解しておきましょう。

最低賃金の具体例と適用条件とは?

それでは、代表的な地域での最低賃金はいくらなのでしょうか?最低賃金は地域特性や社会情勢により定期的に見直されています。そのため、自分の地域の最低賃金に関する最新情報は、定期的に確認しておきましょう。例えば2016年度の場合、時給換算で北海道786円、東京都932円、愛知県845円、大阪府883円、広島県793円、福岡県765円となっています。

ちなみに最低賃金とは毎月支払われる基本的な賃金のこと。残業代などの手当ては含まれません。また、パート・アルバイトなどの雇用形態に関係なく適用されますが、試用期間中は最低賃金を下回る場合があります。ただ、これは特例であり、下回る場合は使用者が都道府県から許可を得なければなりません。

最低賃金を下回っていた場合どうすればいいの?

万が一、就職先が最低賃金を下回る賃金を定めていたらどうすればいいのでしょうか?もちろん法律違反ですので、事業所に申し出て速やかに是正してもらいましょう。最低賃金とは最低賃金法に定められているものなので、最低賃金に満たない不足分を請求するのは当然の権利です。それでも解決しない場合は、最寄りの労働基準監督署に相談することをおすすめします。働き始めてからこのような事態に直面することを防ぐためにも、求職活動の際には最低賃金とはどのようなものかについて理解したうえで、面談や契約の際にしっかり確認しておくことが重要です。

表:2016年度 都道府県別最低賃金一覧

都道府県 最低賃金
北海道 786円
青森県 716円
岩手県 716円
宮城県 748円
秋田県 716円
山形県 717円
福島県 726円
茨城県 771円
栃木県 775円
群馬県 759円
埼玉県 845円
千葉県 842円
東京都 932円
神奈川県 930円
新潟県 753円
富山県 770円
石川県 757円
福井県 754円
山梨県 759円
長野県 770円
岐阜県 776円
静岡県 807円
愛知県 845円
三重県 795円
滋賀県 788円
京都府 831円
大阪府 883円
兵庫県 819円
奈良県 762円
和歌山県 753円
鳥取県 715円
島根県 718円
岡山県 757円
広島県 793円
山口県 753円
徳島県 716円
香川県 742円
愛媛県 717円
高知県 715円
福岡県 765円
佐賀県 715円
長崎県 715円
熊本県 715円
大分県 715円
宮崎県 714円
鹿児島県 715円
沖縄県 714円

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop