1. 医療・福祉の現場だからこそ!ストレス管理に気をつけよう

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/11/29
医療・福祉の現場だからこそ!ストレス管理に気をつけよう

患者さんの命を救い、生活を支える医療・福祉の現場。やりがいとともにストレスを感じる人も多いでしょう。そんな職業だからこそ、自身のストレス管理が重要です。

ストレスを抱える人の多い医療・福祉業界

ストレスは不安や鬱のような精神状態の悪化を招くだけでなく、自律神経の異常や病気の罹患率増加のような身体面にも悪影響を及ぼします。ストレスが身体に悪いことは、医療・福祉に従事する多くの人が認識していることでしょう。ところが、精神障害による労災請求件数の多い業界の一つが、その医療・福祉業界なのです。人の生活、命を扱うからこそ、ストレスを抱えやすい職業であると言えるのではないでしょうか。患者さんの健康を守ると同時に、自身のストレス管理も怠らないように気をつけましょう。

医療・福祉の現場で働く人を守るために

2015年12月より、従業員50人以上の事業所では1年に1回、労働者のストレスチェックを行うことが義務付けられています。さらに、このチェックによりストレスが高いと判断された場合には、医師による面接指導を受けることが可能です。このような国としての取り組みに加え、個々の事業所でも従業員のストレス管理を気にかける取り組みが行われています。中にはカウンセラーとの面会や上司との相談の機会の設置など、メンタルヘルスのサポートを重視している職場もあります。

自身のワークライフバランスを大切に

また、医療・福祉業界で働く中で大切となるのが、ワークライフバランスをどう保つのかということです。毎日の仕事に追われプライベートの時間が確保できていなければ、ストレスは蓄積される一方です。仕事とプライベートを両立させ、適度にストレスを発散することが、長く健康で働き続けるためには重要です。適切なストレス管理のために、勤務時間の調整や休暇の制度を上手く活用しましょう。

医療・福祉業界には責任感が強い方が多く、自分を後回しにしてしまいがち。しかし、患者さんと良い関係性を築き、より良い医療・介護を提供していくためにも、自分の時間を作ることが大切です。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop