1. 保育士・幼稚園教諭、片方の資格でも働ける?認定こども園の仕事内容とは

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/12/09
保育士・幼稚園教諭、片方の資格でも働ける?認定こども園の仕事内容とは

今、待機児童問題で頭を悩ませている子育て家庭が注目する「認定こども園」とは?そこではどんな働きかたができるのか、そして保育士・幼稚園教諭一方のみの資格でも働けるのかなどについてご紹介します。

共働き家庭注目の「認定こども園」ってどんなところ?

認定こども園とは、平成27年4月より文部科学省が定めた「子ども・子育て支援制度」のために導入された施設。保育園と幼稚園2つの機能を併せ持つ就学前のお子さんを預かる場です。幼稚園よりも保育園に近い長めのお預かり時間で、待機児童解消につながるとして注目されています。

仕事内容としては、子どもたちに集団生活の中で基本的な生活習慣を身に着けさせながら、身の回りのお世話をする「保育園」での仕事が中心。その中で幼稚園教育要領に基づき、運動や音楽、遊びを通じて子どもたちの成長を育む「教育的要素」を取り入れています。保育士としても幼稚園教諭としても業務に関わることができるので、やりがいやスキルアップにつながり、仕事の幅が広がることでしょう。

認定こども園の「保育教諭」として働くには・・・

認定子ども園のなかでも最も設置数の多い「幼保連携型認定こども園」は、教育と保育を一体的に提供する施設。ですから、働くうえで「保育教諭」と呼ばれる保育士の資格と幼稚園教諭の免許の両方が必要です。平成32年3月31日までは経過措置期間として、片方のみ有資格であれば働くことが可能ですが、経過措置期間は「幼保連携型」の認定こども園にのみ適応とされています。また、措置期間のうちにもう片方の資格を取得しなければなりません。

厚生労働省では、認定こども園が円滑に地域に広がっていくよう、どちらかの資格のみを所持している人が保育教諭に向けた資格取得への特例制度を設けています。この制度を使って資格を取得するには、これまでの幼稚園や保育所などでの「実務経験」が合わせて3年以上かつ計4,320時間以上であることが条件。これを満たせば教育機関にて受講でき、全ての単位を履修したのち保育士試験に合格すれば保育教諭として働くことができます。

「経過措置期間」の落とし穴に注意!

現在、経過措置期間中は保育士・幼稚園教諭どちらか一方の資格を有していれば認定こども園で働くことができますが、経過措置期間後はどうでしょうか。たとえば、幼稚園教諭の資格はすでに持っている人が保育士の資格を取って認定こども園で働くとします。しかし、幼稚園教諭免許は更新をしていない休眠状態。その場合、経過措置期間が明けると、幼稚園教諭免許が有効ではありませんから職を失うことになりかねないのです。保育教諭の免許は、保育士・幼稚園教諭どちらの免許も有効でないと失効してしまいます。もし復職時にブランクがある場合などは、自分の免許の有効期限を確認し、休眠状態にある場合は更新講習を受講して履修認定を受けてから2年2カ月以内に更新手続きを行うようにしましょう。

「経過措置期間」は保育教諭を目指すチャンス!

経過措置期間の5年間はいわば転職・復職を考えている人にとっては絶好のチャンス!この措置は現役で働いている人だけでなく、現在保育関係に就労されていない人も活用することが可能だからです。現段階で保育士・幼稚園教諭両方の資格保有者を募集している施設もありますが、どちらか一方でも可という施設もあります。片方のみ保持の人は、そのような条件の認定こども園に入職後からでももう片方の資格を取得したり、休眠状態の免許を更新したりできます。この機会に保育と教育のエキスパートを目指してみるのも良いのではないでしょうか。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop