1. 介護の実務も行うの?生活相談員の仕事内容とは

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/11/06
介護の実務も行うの?生活相談員の仕事内容とは

施設の利用者やそのご家族の相談相手として頼りになる生活相談員。相談業務以外に介護の実務を行うこともあるのでしょうか?業務内容を見てみましょう。

相談業務に加え介護の実務を担うことも

馴染みのない方には難しい、介護サービスの利用や施設入所に関する手続き。それをサポートし、利用者と介護施設をつなぐ存在が生活相談員です。サービス利用の手続きはもちろん、利用者が快適な施設生活を送れるように、利用者とそのご家族の相談に応じます。また、生活相談員は有料老人ホームや特別養護老人ホーム、デイサービスなど、多様化する高齢者施設の窓口であり、ケアマネジャーや関係する医療機関との連絡調整なども行います。

生活相談員が介護の実務を行うかどうかは職場次第ですが、介護職員の慢性的な人手不足から、生活相談員が利用者の介護に参加する施設も少なくありません。

介護職と比べると給与や勤務形態に違いが

介護の実務が伴うとなると、単純に業務量が増えているように思えるかもしれません。介護の実務と利用者相談や連絡調整などを両立させるのは大変にも思えます。しかし、その分生活相談員は基本給の体系が違っていたり、職務手当が用意されていたりする場合も多いのです。また、夜勤が必須のケースも多々ある介護職員とは異なり、生活相談員は「夜勤なし」で働ける施設が大半なのも特徴です。

生活相談員から管理者やケアマネを目指す人も

生活相談員は、施設の形態によって管理者と兼務することが可能です。そのため、生活相談員としての経験を積んだあとに、施設長などの管理者に転向・転職するケースもあるようです。また、介護に関するさまざまな相談に乗ってきた経験を活かし、利用者一人ひとりにあったケアプランを立案するケアマネジャーを目指す方もいます。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop