1. 3月中の転職活動でも大丈夫!実は間に合う、4月からの就職

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/03/10
3月中の転職活動でも大丈夫!実は間に合う、4月からの就職

就職・転職活動は余裕を持って準備しておきたいところ。でも実は、3月に就職活動を始めても4月からの就職に間に合う求人もあります。その理由と、就職を成功させるポイントについて見ていきましょう。

卒業と国家試験の合否で変わる入職者の数

医療福祉関係の仕事は、資格必須であることが多いもの。しかし、資格試験を受けるには専門の教育機関をすでに卒業しているか、卒業見込みでなければなりません。新卒で4月から就職予定の人は、先に事業主から内定をもらっていても、それはあくまで仮採用のような状態。3月は資格試験の結果が発表される時期であることが多く、試験に合格できなかった人・卒業が先延ばしになってしまった人は、その時点で内定が取り消しになります。そのため、3月に入ってから改めて募集を行う事業所が出てくるのです。

もし、4月の就職に向けて3月から就職活動をする際には、求人情報をこまめにチェックして、再募集があるかどうかを確認してみるのがポイントです。一方、転職や復職の場合はすでに資格を持っているので、中途採用となります。事業所にとって中途採用のスタッフは即戦力になりやすいため、4月入職で3月から就職活動しても間に合う可能性が高くなります。

基本的に求人が多い業界です

医療福祉業界は、超高齢社会の到来で常に人材を欲しています。また、男性よりも女性のスタッフが多い業界であるので、結婚を機に一旦退職する人や、出産のため産休・育休を取る人で、一時的な人手不足になることもあります。これらの理由から、4月入職近くでもスタッフの募集を行っている事業所があります。転職である場合には内定の翌日や翌々日には入職できる場合もありますし、復職や新卒の場合でも数日から1週間ほどのオリエンテーションを経て働き始めるというケースが一般的。内定から入職まで短いので、4月からの就職に間に合うでしょう。

4月からの就職を成功させるポイント

本来就職活動というものは、できるだけ早くから求人情報の収集を始め、事業所に問い合わせたり、見学をしたりしながら準備するのが良いとされています。しかし、仕事やプライベートが忙しく、なかなか就職活動できない人も少なくありません。ですから、自分だけが出遅れたと焦る必要はないのです。

とはいえ、面接で3月に入ってから応募することになった理由を聞かれることもあります。その際にスムーズな受け答えできるよう、応募理由などはしっかりと整理しておくのがおすすめです。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop