Job category hs long Job category hs short

美容師
求人・転職・就職・アルバイト募集情報

「職場の環境」が掲載されている美容師の求人

独立・開業支援ありの美容師の求人

ヘアーカラー専門店の美容師の求人

大手サロンの美容師求人の求人

小規模・個人サロンの美容師の求人

美容師の就職・転職の傾向

2012年度と2016年度の美容師従事者数の比較

平成24・28年の厚生労働省「衛生行政報告例」より作成

美容師や美容室は年々増加傾向

美容室やヘアサロンなどの「美容所」は、2012年度末時点で全国に231,134か所あり、479,509名の美容師が働いていました。それから5年経った2017年度末になると美容所は234,089か所に増え、就業美容師は523,543名と大きく増加しています(厚生労働省「衛生行政報告例(平成24・29年度)」より)。美容師の男女比に目を向けると3:7で女性美容師のほうが多くなっています。ただし男性美容師の割合は2000年頃は2割未満、1980年頃は約1割であったことから、時代を追うごとに男性美容師が増えていることが分かります(総務省・経済産業省「平成28年 経済センサス活動調査」及び総務省「国勢調査」より)。「男性は理容室に」「女性は美容室に」という風潮が年々弱まっていることなどが、男性美容師の増加を後押ししていると言えるでしょう。

すべて見る

美容師の半数以上が小型店に勤務

美容師の半数以上は従業員数1~4名の小型店で働いています(総務省・経済産業省「平成26年経済センサス基礎調査」より)。そしてそのほとんどが、オーナーと少人数のスタッフで営業する個人店での勤務です。個人店はオーナーとの距離が近く、技術や経営ノウハウを吸収しやすいことが強みです。また、特定の時間だけお手伝いするパート・バイトの採用も比較的多い傾向にあります。一方で従業員数10名以上の店舗では、スタッフの7割以上が正社員として勤務しています。大規模な店舗になるほど、サービスを統括するために体系的な教育カリキュラムや業務マニュアルが導入されています。スタイリストになるためのルートも明確で、美容師免許を取得したばかりの人や美容業を離れていた人でも安心して就職・転職できるのではないでしょうか。

閉じる

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く
  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる
  3. 3 キャリアサポートを受けられる
LINEでも相談OK! QRコード LINEでも相談OK!

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーへの会員登録がお済みの方はLINEで専任キャリアサポートに相談できます。

ジョブメドレー公式SNS

職種から求人を探す

医科

歯科

介護

保育

リハビリ/代替医療

その他

ヘルスケア/美容

会員登録もしくは
ログインをしてください

こちらの機能をご利用するには会員登録かログインが必要です。まだ会員でない方は会員登録をしてください。既に会員の方はログインしてください。

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。キープリストの保存期間は2週間です。 会員登録 または ログイン をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

読み込み中
読み込み中

「医療・看護・介護・福祉・保育」業界を専門とする求人サイト『全67サイト』の求人件数比較において、求人件数がNo.1

2018年11月12日時点