1. 内定後、初出勤までにやっておきたい3つの準備

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/08/19
内定後、初出勤までにやっておきたい3つの準備

就職活動が実り、待望の内定獲得。おめでとうございます。ところで内定が決まったら初出勤までにやっておきたいことって、意外なほどに多いもの。事前準備に必要なこと、確認しておきましょう。

就職時にはさまざまな書類が必要!余裕を持った準備を

内定から初出勤までの間にやっておきたいことの一つに、新しい職場に提出する書類関係の準備があります。一般的に求められるのは、年金手帳や住民票、源泉徴収票、扶養控除等申告書など。また、事業所によっては健康診断書や身元保証書、マイナンバーなどを求められることがあります。就職先によって必要な書類がちがってくるので、内定をもらったら確認しておきましょう。証明書などは役所にいかなくてはならないものもあるため、働きはじめる前には揃えておきたいものです。また、高年齢になるほど、身元保証人を探すのには手間取ります。就職活動中から、頼めそうな人にそれとなく話しておくとスムーズです。

そして忘れがちですが、全職種に共通して必要となるのが印鑑。さまざまな連絡事項の確認認証として、意外なほどに多用します。シャチハタタイプが便利でしょう。珍しい苗字の人は注文になるので、手持ちがなければ早めに準備するのがおすすめです。

職種ごとに必要な道具のチェック

実際に働くときに必要となるものは何なのかも、確認して準備しておきましょう。例えば、ナースシューズなど施設内の履物を支給してくれる事業所とそうでない所があります。また、看護師や歯科助手などは日頃使う道具もさまざま。聴診器やペンライトといった道具類も自前か貸与かを確認しておきましょう。これは、ホームヘルパーなど介護の職種における服装などにも当てはまります。必要な文具なども、早めに揃えておくと慌てることがありません。

仕事内容の復習も重要な準備です

また、初出勤前にはその職種で必要な知識や技術をおさらいしておくことも、やっておきたいことの一つです。新人や、ブランクがある状況からの復職なら、なおさら必要は準備でしょう。専門用語をチェックしたり、必要な処置を確認したり。資格取得のときのテキストを開いてみるのもよいかもしれません。さらに、仕事の手順をイメージトレーニングをしておくのも効果があります。

必要な書類、グッズ、そして復習。これらを内定確定後から早めに準備しておけば、初出勤のプレッシャーも軽くなります。医療も福祉も人に相対する仕事。余裕をもって臨めば、素敵な笑顔につながるはずです。

読者の方へのメッセージ

各種資格保持者は免許証の所在の確認を!

何らかの医療系資格保持者は免許証も必要になります。コピーを提出、という場合もあるかもしれませんが、基本的に原本が必要である場合が多いようです。復職や転職の場合、引越し等のきっかけで免許証の所在があいまいになっている人もいるのではないでしょうか?定期的に所在の確認をしておきましょう。

名原史織名原史織(看護師・鍼灸師)2016/11/04

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop