1. 応募先へメッセージを送る際のポイント3つ!

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/08/19
応募先へメッセージを送る際のポイント3つ!

応募の後やスカウトが届いた際に、ジョブメドレーのメッセージで事業所とやりとりする場合があると思います。しかしいざ送ろうとすると、どう書けばいいのか迷ってしまいませんか?そんな時に役立つポイントをご紹介します。

本文の内容は要点をまとめ、見やすく・わかりやすく

応募先と面接日の日程調整をしたり、質問事項を送ったりと、応募後になにかとメッセージを送る機会があると思います。でも、どんなことを送ったらいいのか、どうやって書いたらいいのか、迷ってしまいますよね。メッセージの印象がよくなかったために内定を逃すなんていうことは避けたいもの。そこで、メッセージを送る際のコツを3つご紹介します。

1. 本文の内容は要点をまとめ、見やすく・わかりやすく

まず「初めまして。」や「お世話になります。」など、挨拶をしてから名前を名乗ります。その際、名前だけではなく「ジョブメドレーにて応募いたしました○○です。」というように、ジョブメドレーから応募していることを伝えるとわかりやすいでしょう。そして本文は要点をまとめ、複数の提案や質問がある場合は箇条書きにするなど、見やすさも意識することがポイントです。

2. 書き言葉と話し言葉の違いに注意

現代社会ではメールやメッセージアプリを使う機会が非常に多くなっています。しかし、普段友達に送るときと同じ感覚で応募先へのメールやメッセージを送らないように気を付けましょう。顔文字や絵文字、「!」は使いません。また、話し言葉ではなく書き言葉で書くようにします。

以下、話し言葉と書き言葉の具体例をいくつかあげてみます。

 
話し言葉 書き言葉
「~なんですけど」 「~なのですが」
「~ってできますか?」 「~はできますか。」
「~なら大丈夫です。」 「~でしたら可能です。」

3. 送る前に声に出して確認を!

メールやメッセージが完成してもすぐ送信してはいけません。送信する前に相手の立場にたち声に出して読み直してみましょう。何度か声に出して読むことにより、不自然な言葉の使い方や誤字脱字に気付くことができます。また相手の立場にたつことでくだけすぎた表現がないか、わかりにくい内容になっていないかを確認することができます。メールやメッセージはとても便利なツールですが、お互いの顔がみえないので細心の注意を払いましょう。

ジョブメドレーのメッセージ機能は件名の入力必要なし

要件を具体的に、かつ簡潔に記載しなければならない「件名」は、短い文だからこそ付けるのが難しいと思います。その点、ジョブメドレーのメッセージ機能は、メッセージアプリのように会話風に表示。ですから、件名をどうするかという心配は無用です。

件名に気をとられる心配がないからこそ、本文が大切です。じっくり考えて送れば応募先にもきっとよい印象を与えることができますよ。

関連リンク

臨床心理士の新着求人

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop