1. 医療ソーシャルワーカー求人トップ
医療ソーシャルワーカーの画像
医療ソーシャルワーカーの求人

キーワードで探す

オープニングスタッフの特徴で検索する

医療ソーシャルワーカーの特集から探す

テレビCM放送中!!

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

ジョブメドレー公式SNS

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

医療ソーシャルワーカーの就職・転職の傾向

病院で働く医療ソーシャルワーカーは約10,000名

常勤換算で従事者数をみると、病院(大学病院などの医育機関を含む)で働く医療社会事業従事者(医療ソーシャルワーカー)は、2016年10月時点で9,870名です(厚生労働省「平成28年 病院報告」より)。前年の同時期が9,843名であったことから、ほぼ横ばいで推移していることが分かります。病院種別に医療ソーシャルワーカーの内訳を見ると、一般病院が8,801名で約89%を占めており、次いで精神科病院が661名(7%)、大学病院などの医育機関が408名(4%)となっています。

医療ソーシャルワーカーが働く場所は病院や保健所など

医療ソーシャルワーカーの就業先は病院やクリニック、保健所、介護老人保健施設などです。救急病院など、患者の入れ替わりの激しいところに従事すれば、短期間で多くの人の相談を受けて援助をすることになります。一方、慢性期病院など、長期的に患者を受け入れているところに従事すると、一人ひとりとじっくり向き合うことになります。たくさんの数をこなして経験を積みたいか、または一人ひとりと深く関わって援助をしていきたいかは人によってさまざまです。自分の性格やキャリアプランにあった就業先を探してみましょう。

医療ソーシャルワーカーの採用が増えるのは1〜4月

医療ソーシャルワーカーの就職・転職が活性化する時期は1~4月です。医療ソーシャルワーカーに独自の資格はありませんが、国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士を条件としているところがほとんど。そのため、これらの合格発表時期である3月前後に求人が増えます。ただ、社会福祉士や精神保健福祉士の確保が難しい場合など、社会福祉系の大学卒業時に取得できる社会福祉主事任用資格を条件としている場合もあります。7月や10月にも求人が増える傾向にありますが、その多くは欠員補充のための募集です。この場合、即戦力が求められることも少なくありません。医療ソーシャルワーカーは募集がそこまで多くないものの、求人自体は通年であります。正社員の募集が多く、パート・アルバイトの求人数はやや少ないのが現状です。

病院の種類別にみた就業医療ソーシャルワーカー 2016年

厚生労働省「平成28年 病院報告」より作成

お仕事をお探しの方へ!

会員登録をするとあなたに合った
転職情報をお知らせできます

1週間で
12,210
がスカウトを受け取りました!!
無料で会員登録をする

悩みごとはありませんか?

キャリアサポートスタッフがお電話での
ご相談にも対応しております

お問い合わせをする
ログインしてください

こちらの機能をご利用するにはログインが必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ会員でない方は会員登録をしてください。

Btn pagetop