1. 歯科衛生士求人トップ
歯科衛生士の画像
歯科衛生士の求人

キーワードで探す

オープニングスタッフの特徴で検索する

歯科衛生士の特集から探す

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

ジョブメドレー公式SNS

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

歯科衛生士の就職・転職の傾向

復職サポートで40歳以上の従業者が増加

就業人口を年齢別にみると、20代・30代・40代・50代がほぼ均等に分布しています(平成28年衛生行政報告例より)。実は、40歳以上の就業人口が増えたのはこの10年のこと。以前は、結婚や出産などのライフイベントで一度退職すると、そのまま歯科衛生士自体を辞めてしまう方が多いのが実情でした。しかし近年は、復職サポートに力を入れる職場が多く、また、時間的に融通がきく午前のみ・午後のみなどのバイト募集も増えていることから、ブランクのある方でも働きやすい職種になりつつあります。

歯科衛生士の90%が歯科クリニックに就職

歯科衛生士の代表的な就業先は、やはり歯科クリニックです。2016年末時点で、総就業歯科衛生士の実に90%以上が歯科クリニックで働いています(平成28年衛生行政報告例より)。ジョブメドレーに掲載中の求人においても歯科クリニックからの募集が最も多く、採用ニーズの高さがうかがえます。歯科クリニック以外の活躍の場としては、病院や介護施設、自治体、歯科衛生士養成校などが挙げられます。

歯科衛生士の雇用は売り手市場

歯科衛生士の就職・転職活動が最も盛んになるのは、1月から5月にかけての時期です。年度初めに向けて1~3月に仕事探しを積極的に行うのは頷けますが、4月以降も活発なのは、国家試験の合格発表が3月末とやや遅い時期なのが影響しているといえます。その一方で歯科衛生士の求人倍率は20.5倍(平成29年歯科衛生士教育に関する現状調査の結果報告より)と非常に高く、人手不足から正社員・パート問わず、どのシーズンでも途切れなく求人が出ている傾向にあります。ですから、あまりタイミングにとらわれる必要はなく、周りと時期をずらして就職・転職活動をするのもひとつの手です。

2016年 年齢別就業歯科衛生士

平成28年 衛生行政報告例より

お仕事をお探しの方へ!

会員登録をするとあなたに合った
転職情報をお知らせできます

無料で会員登録をする

悩みごとはありませんか?

キャリアサポートスタッフがお電話での
ご相談にも対応しております

お問い合わせをする
ログインしてください

こちらの機能をご利用するにはログインが必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ会員でない方は会員登録をしてください。

Btn pagetop