1. 保育補助求人トップ
保育補助の画像
保育補助の求人

キーワードで探す

オープニングスタッフの特徴で検索する

保育補助の特集から探す

「職場の環境」が掲載されている保育補助の求人

テレビCM放送中!!

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

ジョブメドレー公式SNS

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

保育補助の就職・転職の傾向

保育補助の従事者数は増加傾向にある

保育補助として働く人の数は、2015年の24,759名から、2016年の28,196名、2017年の30,883名と推移しています(厚生労働省「社会福祉施設等調査(平成27・28・29年)」より)。実に2015年から2017年までの2年間で6,000名以上も増えていることが分かります。共働き世帯の増加に伴い、保育施設のニーズは今後もさらに増すことが予測されます。ただ、近年よく取り沙汰されているように、そこで働く保育士が足りていないのが現状です。そんななか保育補助は、保育士や子どもたちを支える存在として注目を集めています。

保育補助として働く場所は主に保育所や託児施設

保育補助は、0歳~就学前の子どもに対して、食事やトイレ補助・昼寝の見守りなど、保育士の手が回らない部分をサポートする仕事です。保育補助の就業場所には、認可保育所・認可外保育施設・小規模保育保育園などがあります。最近では保育施設以外でも、商業施設やテーマパーク内に託児施設を設けている場合も多く、そのような施設でも保育補助の求人募集があります。保育補助は資格が不要な職種ですが、働きながら保育の知識を深めることができるので、経験を積んだのちに保育士を目指す人もいます。

保育補助の就職・転職が活発化する時期

保育業界は慢性的な人手不足に陥っており、保育補助についても多数の求人が1年を通して出されている状況です。募集されている雇用形態としては、パートやアルバイトが大半を占めますが、正社員での募集も一定数あります。保育補助は無資格でも働くことができるため、資格試験の時期に左右されるようなことはなく、就職・転職活動の明確なピーク時期もありません。最近では、子育て支援員・地域保育・地域子育て支援・放課後児童支援員など、保育の知識を深めたいと考えている方のために、国や自治体などによるスキルアップのための研修も行われています。

保育補助の従事者数の推移

厚生労働省「社会福祉施設等調査(平成27・28・29年)」より作成

お仕事をお探しの方へ!

会員登録をするとあなたに合った
転職情報をお知らせできます

1週間で
11,945
がスカウトを受け取りました!!
無料で会員登録をする

ご家族・ご友人 紹介キャンペーン!

ご家族・ご友人にジョブメドレーをご紹介いただくと、
紹介した方された方お2人ともにプレゼントを進呈いたします

キャンペーンページへ
ログインしてください

こちらの機能をご利用するにはログインが必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ会員でない方は会員登録をしてください。

Btn pagetop