1. 児童指導員求人トップ
児童指導員の画像
児童指導員の求人

キーワードで探す

オープニングスタッフの特徴で検索する

児童指導員の特集から探す

「職員の声」が読める児童指導員の求人

テレビCM放送中!!

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

ジョブメドレー公式SNS

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

児童指導員の就職・転職の傾向

児童指導員の従事者数は大幅な増加傾向

児童指導員は、障がいを持つ子どもたちへの療育を行う職業です。児童指導員の人数を、児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業・短期入所事業のデータから見ると、2014年は16,344名、2015年は22,258名、2016年は32,012名、2017年は36,797名と推移しています(厚生労働省「社会福祉施設等調査(平成26~29年)」より)。わずか3年で従事者数は2倍以上も増えているのです。これには、児童発達支援事業と放課後等デイサービス事業の急増が影響していると考えられます。特に放課後等デイサービスの拡大スピードは著しく、2014年に4,283か所だった事業所数は、2017年には9,264か所と、こちらも2倍以上増加しています。

児童指導員の就職・転職が活発化する時期

児童指導員は、放課後等デイサービスが大幅に増加していることなどからニーズが高まっており、求人は1年を通して出されています。とはいえ、児童指導員への就職・転職活動の一番のピークは、やはり年度が変わる時期の1~4月頃です。夏になると就職・転職活動はやや落ち着いてきますが、秋になると再び活発になる傾向があります。児童指導員として働くためには児童指導員任用資格が必要です。この任用資格を取得するルートはいくつかあります。例えば大学や短大で社会福祉学・心理学・教育学・社会学を専修する学部・学科を卒業する方法。また、地方厚生局長などが指定する福祉系の専門学校を卒業することでも任用資格が得られます。その他、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持つ方、児童福祉事業で一定期間の実務経験を持つ方なども児童指導員として働くことができます。

児童指導員数の推移

厚生労働省「社会福祉施設等調査(平成26~29年)」より作成

お仕事をお探しの方へ!

会員登録をするとあなたに合った
転職情報をお知らせできます

1週間で
14,129
がスカウトを受け取りました!!
無料で会員登録をする

ご家族・ご友人 紹介キャンペーン!

ご家族・ご友人にジョブメドレーをご紹介いただくと、
紹介した方された方お2人ともにプレゼントを進呈いたします

キャンペーンページへ
ログインしてください

こちらの機能をご利用するにはログインが必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ会員でない方は会員登録をしてください。

Btn pagetop