1. 介護タクシー/ドライバー求人トップ
介護タクシー/ドライバーの画像
介護タクシー/ドライバーの求人

キーワードで探す

オープニングスタッフの特徴で検索する

介護タクシー/ドライバーの特集から探す

テレビCM放送中!!

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

ジョブメドレー公式SNS

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

介護タクシー/ドライバーの就職・転職の傾向

年々増え続ける介護タクシー/ドライバーの需要

介護タクシーや福祉タクシーの導入は徐々に増え続けています。2010年度末と2016年度末をの福祉タクシーの車両導入数を比べると、3,000台近く増加していることが分かります。特に車椅子専用車の増加が著しく、この背景にはバリアフリーの充実により、車椅子での外出のハードルが下がったことが関係しています。車両導入数が増えるということは、当然求人も多くなります。国土交通省からは、2020年度までに約28,000台の福祉タクシーを導入するという発表もあり、今後も介護タクシー/ドライバーの需要は増加することが予想されます(国土交通省「平成29年度 福祉タクシーの導入状況について」より)。

介護タクシー/ドライバーは訪問介護やデイサービスで活躍

介護タクシー/ドライバーの主な仕事内容は、高齢者や障害のある方の外出をサポートすることが中心です。目的地までお客様を「運ぶ」だけではなく、外出時の着替えや乗降の補助、降車後の移動介助も業務の一環です。今後、高齢化が進む日本ではニーズが高まる職種の一つといっても過言ではありません。主な働き先としては、訪問介護事業所やデイサービスセンターなどが一般的です。介助を行うこともあるため、介護初任者研修修了以上など介護の資格を求められる場合もあります。車の運転が好きな方はもちろん、人の役に立つ仕事がしたいと考えている方にもおすすめの職種です。

介護タクシー/ドライバーの就職・転職が活発化する時期

介護タクシー/ドライバーの就職、転職は1~4月に活発化する傾向にあります。ですが、1年を通じて大きなピークはなく比較的落ち着いている印象です。正社員だけではなく、パートやバイトでの求人が多いのもこの業種の特徴です。働く事業所やデイサービスセンターによっては、普通自動車運転免許があれば働ける場合もあり、定年後の仕事としても人気です。利用者様から「ありがとう」と直接お礼を言われることもあり、やりがいを感じやすい仕事であるといえます。介護タクシー/ドライバーを募集している事業所の中には、雇用されてから介護初任者研修や二種免許が取得できる所もあるので、事前にチェックをしてみましょう。

福祉タクシー導入数の推移

国土交通省「平成29年度 福祉タクシーの導入状況について」より作成

お仕事をお探しの方へ!

会員登録をするとあなたに合った
転職情報をお知らせできます

1週間で
12,229
がスカウトを受け取りました!!
無料で会員登録をする

ご家族・ご友人 紹介キャンペーン!

ご家族・ご友人にジョブメドレーをご紹介いただくと、
紹介した方された方お2人ともにプレゼントを進呈いたします

キャンペーンページへ
ログインしてください

こちらの機能をご利用するにはログインが必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ会員でない方は会員登録をしてください。

Btn pagetop