Job category cm long Job category cm short

ケアマネジャー
求人・転職・就職・アルバイト募集情報

「職場の環境」が掲載されているケアマネジャーの求人

「職員の声」が読めるケアマネジャーの求人

居宅ケアマネの求人

施設ケアマネの求人

ブランクOKの求人

ケアマネジャーの就職・転職の傾向

従事施設別にみたケアマネジャー 2013年

厚生労働省「社会保障審議会介護保険部会 参考資料4(H28.9.23)」より作成

ケアマネジャーの半数以上が居宅介護支援事業所

ケアマネジャーの就業先で最も多いのは居宅介護支援事業所です。就業ケアマネジャーの約59%が居宅介護支援事業所で働いています(厚生労働省 平成28年9月23日「社会保障審議会介護保険部会 参考資料4」より)。居宅介護支援事業所では、相談者宅での面談やケアプランの作成などが中心となるため、いわゆるケアマネ業務に集中したい人が希望することの多い職場といえます。その他、ケアマネジャーが働く場所としてあげられるのが、地域密着型サービス(約15%)、介護保険施設(約13%)、居宅サービス事業所(約7%)、地域包括支援センター(約6%)です。

すべて見る

ケアマネジャーの従業者数は約16万人

ケアマネジャーの就業人口は約16万人です(厚生労働省「平成29年介護サービス施設・事業所調査」より各施設の従事者を合算)。男女比としては、男性17%、女性83%と、女性の割合が顕著に多く、現場で活躍している人の多くが女性です。ケアマネジャーの雇用形態としては、居宅介護支援事業所でみると正社員の割合が大多数を占めており、バイトやパートなど、非常勤の割合は8%にとどまっています。

ケアマネジャーの求人市場は3月にやや活性化

ケアマネジャーの就職・転職活動は、年度替わりの3月にやや活発化する傾向にあるものの、明確なピークはありません。ケアマネジャーは資格取得のために最短のルートでも5年以上の実務経験が必要です。そのため新卒者がおらず、求人市場が分散する傾向にあります。ケアマネジャーの合格率に目を向けると、資格制度が始まった1998年度の合格率は44.1%でした。以降、合格率は低下傾向にあり2016年度では13.1%となっています。翌2017年度は21.5%とやや回復しましたが、他の介護・福祉系の資格と比べると決して高い合格率ではありません。その一方で、居宅介護支援の利用者、そして事業所数は年々増加しているため、事業者側からのケアマネジャーのニーズはますます高くなっています(合格率は各年度の厚生労働省「介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況等」より)。

閉じる

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く
  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる
  3. 3 キャリアサポートを受けられる
LINEでも相談OK! QRコード LINEでも相談OK!

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーへの会員登録がお済みの方はLINEで専任キャリアサポートに相談できます。

ジョブメドレー公式SNS

職種から求人を探す

医科

歯科

介護

保育

リハビリ/代替医療

その他

ヘルスケア/美容

会員登録もしくは
ログインをしてください

こちらの機能をご利用するには会員登録かログインが必要です。まだ会員でない方は会員登録をしてください。既に会員の方はログインしてください。

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。キープリストの保存期間は2週間です。 会員登録 または ログイン をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

読み込み中
読み込み中

「医療・看護・介護・福祉・保育」業界を専門とする求人サイト『全67サイト』の求人件数比較において、求人件数がNo.1

2018年11月12日時点