1. 医療介護求人ジョブメドレー
  2. なるほど!ジョブメドレー
  3. 医療介護福祉分野における「歩合制」の給与とは?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2020/07/22
医療介護福祉分野における「歩合制」の給与とは?

医療介護福祉業界の中には「歩合制」で給与を定めている事業所があります。決まった金額が支払われる「固定給制」と違い、頑張った分だけ給与が上がりそうなイメージがありますが、実際はどのような制度なのでしょうか。

歩合制画像

1.歩合制(ぶあいせい)とは

1-1.歩合制の定義

歩合制(ぶあいせい)は、個人の仕事の成果や実績に応じて給料が支払われる「成果報酬型」の制度です。歩合給制、歩合給制度とも呼びます。

一方、個人の仕事の成果や業績に関わらず、決まった給料が支払われる仕組みを「固定給制(こていきゅうせい)」と呼びます。固定給制には「時給制」「日給制」「週給制」「月給制」などがあります。

1-2.歩合制の種類

歩合制には「固定給+歩合制」と「完全歩合制(フルコミッション制)」があります。

固定給+歩合制」は、必ず支払われる「固定給」と成果や実績によって変動する「歩合給」を組み合わたもので、一般的に営業職や販売職などに採用されることが多い給与システムです。

完全歩合制(フルコミッション制)」は基本給が設定されていないため、成果を上げない限り収入はゼロになります。労働基準法の定めにより「固定給が一切ない」という意味での完全歩合制は「雇用をしている労働者」に対して適用することはできないため、個人事業主との間で「業務委託」という形式が取られます。

1-3.歩合制とインセンティブの違いは?

歩合制とインセンティブの違いは、歩合は「売上や成績によって支払われる給与」であり、インセンティブは「目標を達成すると与えられる報酬」であるという点です。しかしながら、実際のところは同じ意味合いで使われることが多いようです。

2.歩合制が採用されやすい業種(医療介護福祉)

医療介護福祉業界には「固定給+歩合制」の給与システムを採用している事業者も少なくありません。

とくに自由診療の歯科や歯科技工所、訪問介護・訪問リハビリ事業所、整骨院、鍼灸院などの分野は、診療技術とその評価、そして患者数や利用者数が診療報酬に直結します。

そのため、これらの業種は「固定給+歩合制」が採用されやすいと言えます。一方、看護師業務や、施設入所者に対する介護・リハビリ業務などには、診療報酬と結びつかない業務も多く含まれているため、歩合制での評価が難しくなります。

3.歩合制による給与の決まり方

医療介護福祉業界における歩合制では、患者さん1人あたりの治療でいくら、1回あたりの処置でいくら、というように給与が定められていることが多いです。

たとえば歯科医院などでは、治療内容によって保険点数が異なることから、1回あたりの処置・治療に対して「保険診療額の◯◯%」「自費診療額の◯◯%」というように給与が定められています。

また、訪問介護では「身体介護(1時間)1,600円」「生活援助(1時間)1,200円」というように、介護内容によって報酬が異なる場合があります。

歩合制の取り入れ方は、固定給に歩合給を上乗せする場合や最低保障給与額が定められている場合、完全歩合制など、事業者によってさまざまです。

4.歩合制のメリット・デメリット


■歩合制のメリット

歩合制のメリットは「仕事の成果が直接給与額に反映される」という点です。実力次第で短期間で高い賃金を得られるため、高いモチベーションを維持することができます。

■歩合制のデメリット

歩合給のデメリットは「収入が安定しない」という点です。仕事の成果で給与額が左右されるため、営業活動などによる精神的なプレッシャーを感じやすく、性格による向き・不向きが分かれやすい制度であるとも言えます。

転職活動の際には、歩合制を取り入れているかどうか、給与制度が自分に合っているかどうかという視点で求人を探してみましょう。

読者の方へのメッセージ

自分に合っているか、冷静な判断を

どんな給料形態にもメリット・デメリットはあり、大事な事は、それを理解した上で自分にはどの形態が合ってるのかを冷静に判断する事だと思います。仕事のモチベーションを何に持つか、また何にやりがいを感じるかは人それぞれであり、それがお給料だという人には歩合制も良い選択肢かもしれませんね。

名原史織名原史織(看護師・鍼灸師)2016/06/29

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop