1. 高齢化社会でますます期待が高まる歯科技工士とは?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/10/27
高齢化社会でますます期待が高まる歯科技工士とは?

歯科医師の指示のもと、入れ歯や歯の詰め物などを作成する歯科技工士。歯科医療にとって欠かせない存在である歯科技工士の仕事内容や求人の特徴などをご紹介します。

歯科技工士の役割

高齢化が進むなかで、ますます期待が高まる歯科技工士

高齢化が進むなかで、歯の状態と全身の健康や長寿との関係性が注目されています。歯がなくなったり、咀嚼する能力が低下したりすると、全身の健康が阻害されると言われています。なにより、食べ物をおいしく食べられないことは大きなストレスになるでしょう。このような背景のもと、ますます需要が高まっている歯科医療。なかでも歯の形や機能の修復に直接携わる歯科技工士は、歯科医療にとって欠かせない存在です。

歯科技工士の仕事内容とは?

入れ歯や歯の詰め物などを作成するのが主な仕事

歯科技工士の主な仕事は、入れ歯や差し歯、矯正装置、マウスピースなど、患者さんの口の中に入れる歯科技工物を製作したり修復したりすることです。この歯科技工業務に就くことができるのは、歯科医師以外では歯科技工士のみという独占資格でもあります。患者さんに最適な歯科技工物を製作するために、歯科医師とコミュニケーションをとって技術を発揮することが求められます。

主な求人は歯科技工所と歯科クリニック

歯科技工士の主な求人は、大きく分けると歯科技工所と大規模歯科クリニックの2つです。歯科技工所では、歯科クリニックなどからの発注を受け、歯科技工物の製作から納品までを行います。患者さんと接する機会はあまり多くありませんが、歯科技工の技術を磨きたい方や、将来歯科技工所を開業したい方には向いているでしょう。

一方、歯科クリニックでは、歯科医師や歯科衛生士などとコミュニケーションをとりながら歯科技工物の製作をします。クリニックの規模にもよりますが、患者さんと接する機会が多く、自分が製作した技工物の出来栄えが確かめられるのが特徴です。

歯科技工士に向いているのはどんな人?

冷静な判断力と技術力は必須!コミュニケーション力も重要

歯科技工士の仕事は慎重で精密な作業が求められます。口の形や状態がそれぞれ異なる患者さんに最適な技工物を作るためには、冷静な判断力と高い技術力が必要です。歯科医療は日々進歩していますので、学術的な研鑽も欠かせません。また、歯科医師や同僚のスタッフと、円滑なコミュニケーションを図ることができる力も重要です。技術や知識、コミュニケーション力を磨くことを楽しめ、向上意欲がある方にはぴったりの仕事でしょう。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop