1. 介護老人保健施設(老健)で求められる働き方とは?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/10/07
介護老人保健施設(老健)で求められる働き方とは?

介護老人保健施設では、多くの職種が働いています。多職種がそれぞれ自分の専門性を発揮し、力を合わせた働き方が大切です。

介護老人保健施設とはどんな施設?

医療ケアなどの病院としての機能、自宅復帰を目指すリハビリ施設としての機能、生活の場である介護施設としての機能。これらを併せ持っているのが介護老人保健施設、いわゆる老健です。さまざまな機能を持つ施設だからこそ、多くの職種がそれぞれの役割をもって働いています。そのため、チームワークが大切となる医療・介護職の中でも、特に多職種協働という考え方が大切な職場なのです。それぞれの患者さんや利用者さんに合ったゴールを考え、そこに向かって自分が何をすべきなのか、他の職種とどう力を合わせていくかを考えた働き方が求められます。そして、そのチームの統率を行う医師には、介護・看護・リハビリそれぞれの役割をよく理解し、ベストな介入をコーディネートすることが重要です。

今と未来を見据える介護・看護職種

介護職/ヘルパー・看護師/准看護師にとっては、治療と生活のサポート、いわゆる医療と介護の双方をよく理解した働き方が大切です。できないことはすべて助けてあげる。それではいつまでも自宅復帰への道が近づきません。かといって、できないことを無理に強制しても、その方の生活の質は高まらないでしょう。介護・看護職は、その方の今の生活と今後の生活のバランスを担う重要な役目があります。医師やリハビリ職種など他職種とよく相談し、どこまでが自分でできる範囲なのか、何ができるようになればその方の生活が豊かになるのかを考えましょう。

また、看護職と介護職間での相互理解も欠かせません。医療ケアの要となる看護師/准看護師、老健スタッフの中で最も人数が多く日常ケア提供の中心となる介護職/ヘルパーでは、それぞれ微妙に異なる専門性を有します。患者さんや利用者さんにとって最適なケアが提供されるために、お互いの領域を尊重し、協働していくのが良いでしょう。

ゴールへ向かってともに歩むリハビリ職種

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ系職種にとっては、老健は在宅復帰を目指した回復過程をサポートできるやりがいのある職場といえるでしょう。急性期施設とは異なり、長い経過をたどっているからこそ、その方々の目指すところは十人十色。自立した生活を目指す方、自宅で家族に支えてもらう生活を目指す方、他の施設での生活を目指す方など、さまざまです。その方の能力だけでなく、家族構成、環境などを複合的に捉えた働き方が大切です。また、リハビリ病院のように1人に対して多くの時間を割けないからこそ、介護職や看護職と連携した日常生活の中でのリハビリも大きなウェイトを占めてきます。

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop