1. より良い職場環境のために。医療・介護・保育業界の労働組合について

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/11/11
より良い職場環境のために。医療・介護・保育業界の労働組合について

労働環境を守り、改善するために働きかけてくれる労働組合。医療・介護・保育で働く人にとっても、より良い環境で働くために大切な存在です。

労働組合って何をしてくれるところ?

労働組合とは、労働者が団結して労働条件の改善を図るために作られた団体のこと。賃金や労働時間など、労働条件の維持や改善などを求めるために労働者が集まり、事業者に対して団体交渉を行います。この労働組合の活動は憲法第28条によって保障されています。第28条は労働三権(団体権、団体交渉権、団体行動権)とも呼ばれる労働者の基本的な権利。もちろん、それは医療や介護、保育の現場においても同じことです。賃金や労働環境など、困ったことや希望があるのならば労働組合に相談するのが良いでしょう。

医療・介護・保育業界の労働組合とは?

一般に、労働組合は企業ごと、業界ごとなどに存在しています。では、医療・介護・保育の業界ではどうなのでしょうか。市民病院や市営の保育園などであれば、当然市の労働組合があります。また、規模の大きな病院や事業者も、労働組合をつくっている場合が多いようです。労働組合があるかどうかは、求人票に明記されていることも多いので要チェックです。労働組合の存在は、賃金や労働時間といった労働条件の改善だけではありません。現場の声が反映されやすい、風通しの良い職場の実現につながります。

労働組合がない職場はどうすればいいの?

その一方で、介護施設や保育所などの中には、職場に労働組合がないケースもあります。そういった場合には、ユニオン(合同労働組合・合同労組)と呼ばれる労働組合に加入する方法があります。これは、職場や雇用形態に関係なく、個人単位で加入することができる労働組合のことです。ユニオンでは、労働者個人と職場との間の労働に関するトラブルの相談・支援を活動の重点としており、介護職員や保育士によって結成されたユニオンもあります。子どもたちや高齢者の方々により良いサービスを提供するために、医療・介護・保育に携わる自分の身を守ることも大切です。

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop