1. 社員支援プログラム「EAP」ってなに?そのメリットとは

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/10/27
社員支援プログラム「EAP」ってなに?そのメリットとは

社会で働いていく中でストレスはつきもの。その対策として近年、メンタルヘルスを守る社員支援プログラム「EAP」を導入する医療福祉の施設が増えています。

社員のメンタルヘルス管理をサポートするEAP

近年、業務のストレスが原因で、うつ病などの精神障害を発病してしまうケースが徐々に増えています。その対策方法の一つとして注目を集めているのが、社員支援プログラムであるEAP(Employee Assistance Program)です。EAPは心理学や行動科学の観点から社員をサポートするカウンセリングサービスで、アメリカで生まれ発展してきました。個別カウンセリングやストレスチェック、従業員の研修・セミナー、必要に応じた専門医療機関や相談機関の案内など、メンタルヘルス全般の管理を行います。最近では一般企業だけに留まらず、医療福祉業界でもこのEAPを導入している施設が、少しずつ増えてきています。

EAPの導入は職員にも施設にもメリットがある

EAPは外部機関が実施するため、他の社員や職員に知られることなく相談をすることができます。これは、企業や施設の中で完結されるメンタルヘルス対策にはないメリットと言えるでしょう。また、社員・職員は福利厚生として利用できるため、費用の自己負担がありません。そのため、サービス利用へのハードルが下がり、問題の早期発見・早期対応がしやすくなります。企業・施設にとっても、社員・職員のメンタルヘルスを管理することにより、生産性の向上などのメリットが期待できます。

メンタルヘルスケアも求人探しの参考に

福利厚生としてEAPのような社員支援プログラムを導入しているかは、求人を探すうえで目を通しておきたい情報です。施設全体の生産性向上につながるというメリットがあっても、職員のストレス管理については、まだまだケアしきれていない施設が多いのが現状。そんななかで、EAPのようなサービスをいち早く導入している求人からは、職員のメンタルヘルス管理への関心が伺えます。病気やケガといった心身の不調をもつ患者さんと向き合うからこそ、医療福祉従事者のメンタルヘルスケアに積極的な施設は魅力的ではないでしょうか。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop