1. ジョブメドレーの祝い金は課税の対象になる?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2019/08/26
ジョブメドレーの祝い金は課税の対象になる?

ジョブメドレーを通じて就職・転職した方に贈られる「祝い金」について。もらえる金額の確認方法や税金の計算方法などをご紹介します。

祝い金画像

ジョブメドレーの祝い金とは?

ジョブメドレーの祝い金」とは、ジョブメドレーを通じて就職・転職したときに、ジョブメドレーからユーザーにお贈りするボーナスのことです。

金額は求人ごとに変わりますが、応募した求人の詳細情報を開き「選考プロセス」の項目を見ると確認することができます。

この「祝い金」は、病院や施設が独自に用意していることのある「入職準備金」や「入社一時金」とは別物です。

祝い金画像2

ジョブメドレーの祝い金は課税の対象になる?

ジョブメドレーからお贈りする祝い金は、所得税・住民税の課税対象になります。

求職者の方が祝い金を受け取った場合、この所得は、原則として「一時所得」になります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得にあてはまらない所得のことです。「事業や商売など“以外”を通じて得た所得=一時所得」と考えておくとよいでしょう。

この一時所得には、次のようなものがあります。

(1)懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除く)
(2)競馬や競輪の払戻金
(3)生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除く)や損害保険の満期返戻金など
(4)法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除く)
(5)遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金など

国税庁のHP)より

では、ジョブメドレーから祝い金(一時所得)を受け取ったとき、所得税・住民税をいくら支払うことになるのでしょうか? 以下の流れでみていきましょう。

税額を計算する

祝い金画像3

ジョブメドレーの祝い金以外に受け取った一時所得がない場合、祝い金の総額から特別控除額(最大50万円)を差し引いた金額が一時所得となります。課税の対象となるのは、この一時所得を1/2にした金額です。

ジョブメドレーでは最大20万円の祝い金をお贈りしています。

ジョブメドレーから受け取る祝い金以外に一時所得がない場合、祝い金の上限額(20万円)を特別控除額(最大50万円)が上回るため、一時所得は0円となります。よって、この一時所得に対する所得税額・住民税額も0円となります。

入職先からもらった入職準備金の場合

ジョブメドレーからではなく、入職先からもらう入職準備金の場合はどうなるのでしょうか? 「入職準備金」は「入社祝い金」「入社支度金」「入社一時金」「サインオンボーナス」などとも言われますが、課税対象となるかどうかは、名称ではなく性質で判断することになります。

入職するために転居が伴い、引越費用等を負担してもらう場合、人によりその準備金がもらえたりもらえなかったりするものについては、課税対象とはなりません。通勤費が実費で支払われる時に、課税されないのと同じです。

「あなたが入職してくれると言うからお金を払うよ」「他の会社ではなくて、うちに必ず入職してね」と入職前にもらう入職準備金は、雑所得と判断され課税対象となります。

これは、労務や役務の対価としての性質を有するため、一時所得ではなく雑所得となります。雑所得は一時所得と違って特別控除がありません。

公的年金など、入職準備金以外に雑所得がない時は、入職準備金の総額が雑所得となり、課税の対象となります。

また、「雇用契約を結んでくれるなら入職後にお金を払うよ」といった場合や、入職した人全員に支給すると就業規則で定まっている場合には、勤務先の会社からの所得と判断され、給与所得として課税対象となります。

課税対象ではない性質のものと、課税対象である性質のものが一緒に支払われる場合は、引越費用としていくら、入職準備金としていくら、と明確に分けて支払われない限り、全額課税対象となるので注意が必要です。

※LINEで求人情報を受け取るにはジョブメドレーへの会員登録が必要です

読者の方へのメッセージ

知っておきたいお金の話

就職・転職の際には「祝い金」や「入職準備金」「入職一時金」などを得られることがあります。新生活で良いスタートが切れるように、金額や受け取り方法、税金などの基礎知識をはじめに押さえておくのがオススメです。

大野愛美大野愛美(ジョブメドレー ライター)2019/08/28

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop