1. ICU(集中治療室)で働く看護師の仕事内容は?どんな人に向いている?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/10/27
ICU(集中治療室)で働く看護師の仕事内容は?どんな人に向いている?

診療科を問わず、状態の悪い患者を集中的にケアするICU(集中治療室)。ここで働く看護師は、どのような仕事をしているのでしょうか。具体的な業務内容と、どんな人がICUに向いているのかご紹介していきます。

ICUってどんなところ?

ICUは、さまざまな疾患や事故などで重篤な状態に陥った患者を、集中してケアする場所です。特定の診療科や臓器に限らず、患者が複数の疾患を抱えている場合も少なくありません。大学病院や総合病院など、大きな病院では欠かせない部署です。専門的な知識やスキルだけではなく、患者の全身状態を総合的に管理する必要があるICU。看護師が働く部署の中でも高度な知識を必要とするので、仕事内容は難しく、また気の抜けない場所でもあります。

ICUで働く看護師の仕事内容は?

ICUに入室している患者は、たくさんのモニターやドレーン、点滴、人工呼吸器など、管理が必要なものが多いうえに、バイタルサインを含めた患者の全身管理も行っていかなくてはなりません。また、ICUの患者は重篤な状態の方ばかりなので、異常は早期に対応しなければなりません。そのためには些細な兆候も見落とさないよう細心の注意が必要です。さらに、患者の清潔を保つのも重要な仕事です。動くことができない患者の皮膚状態に変化がないか、ということにも注意することが大切です。ほかにも、状態が安定した患者の退室・転棟準備も大事な仕事になります。

どんな看護師がICUに向いている?

ICUの看護師は、仕事内容を見てもわかるように、細かな観察能力と豊富な知識が必要となります。モニターが異常を示しても、それが何を意味しているかが分からなければ、対応が遅れてしまいます。また、わずかな患者の変化が重要な兆候である場合もありますので、小さな異変も見逃さない視野の広さとアセスメント能力が欠かせません。それらを養うためには、どんな分野でも学び続けることが重要です。重篤な状態の患者の命を守る責任感と、学びへの貪欲な姿勢を持った人が、ICUに向いていると言えるでしょう。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop