1. 向いているのはどんな人?健診・人間ドックで働く看護師の仕事とは

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/12/26
向いているのはどんな人?健診・人間ドックで働く看護師の仕事とは

就職先によって看護師の業務内容や勤務形態はさまざまです。今回は、健診や人間ドックに勤務する看護師の仕事内容や、向いている人について解説します。

健診や人間ドックとはどんなところ?

健診や人間ドックは、治療ではなく検査を行う医療機関です。そのため勤務する看護師は、ほかの診療科とは異なり、健康な人を中心に関わることになります。

健診や人間ドックは、自分の健康状態について知るだけでなく、病気の早期発見も目的にしています。企業などでは、年一回雇用者の健診が義務づけられているため、特定の日に職場に健診バスが来て健診を受けたり、社員それぞれが契約先の医療機関にて健診を受けたりすることになります。また、自営業の人など国民年金加入の人は、自治体によって決められた場所で健診を受けるのが一般的です。一方で人間ドックは、受ける人それぞれが自分の目的に合わせて検査項目を選択できるため、医師や看護師など医療者側も検査を受ける方の希望に沿って検査を進めていくことになります。

健診や人間ドックにおける看護師の役割とは?

健診や人間ドックを行う機関に勤務する看護師は、受診された人がスムーズに検査を終えられるようにサポートするという役割を担っています。詳細な仕事内容としては、身長・体重測定や視力・聴力検査、採血などの検査の実施や診察介助となります。このほか、検査予約の受付や検査結果のチェックなどの事務作業も仕事のひとつです。

人間ドックは健診と検査内容が異なる部分もありますが、基本的な業務はほとんど同じです。健診や人間ドックでは一日にたくさんの人と関わりながら業務を行うことになります。特に、自治体や企業健診では、一日の勤務で数十人と接することも。看護師としては限られた時間の中で円滑に業務をこなし、受診された人が安心して検査を受けられる看護サービスを提供することが求められます。

健診や人間ドックの勤務って向き不向きはあるの?

健診や人間ドックは検査のみですから、一日にたくさんの人の採血を行うことがあります。そのため採血が苦手という看護師は苦労することもあるでしょう。しかし、採血は数多く経験するからこそ上達するというもの。ですから、「採血技術を上達させたい!」という看護師に向いているともいえます。また、限られた時間の中でスムーズに検査をすすめていくため、受診者とのコミュニケーションも大切です。働き方の側面では、日勤のみで週末休みという職場が多いため、育児と両立させたい看護師やプライベートの時間をしっかり確保したいという看護師に向いています。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop