1. 知っておきたい!支援相談員の仕事内容となり方

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2018/01/12
知っておきたい!支援相談員の仕事内容となり方

支援相談員とはどんな仕事をする人かご存知でしょうか?ここでは、介護老人保健施設で重要な役割を担う支援相談員の仕事内容や、なり方をご紹介します。

支援相談員の仕事内容とはどんなもの?

支援相談員とは、介護老人保健施設で入所者や家族の相談窓口となる人です。入所定員100人にあたり、常勤1人の支援相談員の配置が義務付けられています。

支援相談員の主な仕事内容は、入所者や家族の相談に乗ることです。入所者本人だけでなく家族や施設の職員、自治体の担当者など様々な人と連携して必要なサポートを提供していくことが求められます。

このように、介護老人保健施設で重要な役割を担う支援相談員。では、支援相談員になるための要件とはどのようなものなのでしょうか。

支援相談員になるにはどうすればいいの?

実は、支援相談員になるための資格要件はありません。ただ、支援相談員の仕事内容は多岐にわたるもの。そのため、介護福祉士、精神保健福祉士、社会福祉士などの福祉に関する資格を持っていると有利です。実際に応募の条件として、これらの資格を求める事業所もあります。また、支援相談員は施設の医師や看護師、介護福祉士などと連携して動くことが多いため、上記以外でも医療や介護、福祉に関する資格や経験があるとよりよいサポートができるでしょう。もちろん、資格や経験がなくても支援相談員になることは可能です。

支援相談員になって入所者や家族をサポートしよう!

支援相談員は、入所者と家族をサポートする窓口となる重要な役割を担っています。仕事内容も契約から日常生活のサポート、退所後のケアまで幅広く、やりがいも大きいと言えるでしょう。資格や経験を問わない求人もあるため、支援相談員のなり方がわからなかった方もこれを機会に求人情報を調べてみることをおすすめします。未経験の方向けに、充実した研修制度を整えている職場もたくさんあります。興味がある方は、ジョブメドレーの生活相談員カテゴリで「支援相談員」と検索。仕事内容や研修制度などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop