1. 2件、3件かけもちでも大丈夫!複数応募は転職・復職の成功率アップの鍵

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/09/08
2件、3件かけもちでも大丈夫!複数応募は転職・復職の成功率アップの鍵

転職や復職の際、求職者から「複数応募してはいけないのでは?」「一件ずつ応募したほうがいいのでは?」という声をよく耳にします。ところが実際には、同時に複数の求人先に応募することによって内定率がアップし、転職成功につながりやすくなるものなんです。

異なる職場が比較でき、希望に合う職場との「出会い」の可能性も高まります

採用側と応募者の希望がピッタリ一致すれば、まさに理想の転職ですね。しかし現実にはそういかないこともあります。求人情報にしっかりと目を通し、応募先とメッセージのやり取りもしていたのに、実際に事業所に行ってみたらイメージしていたものと違った――などということも。こうしたミスマッチを避けるためにも、2~3件同時に応募するのがおすすめです。異なる職場を訪れ比較することで、実際に仕事をしている自分の姿や、どんな働き方をしたいのかという希望が明確になってきます。すると働く自分の姿がリアルに描き出せて、希望に合う職場と出会う可能性も高まり、転職や復職が成功しやすくなります。

より良い勤務条件を提示されやすくなります

優秀な人材を求めている採用担当者にとっては、転職・復職活動中の候補者が「ほかにも何件か受けているのだろうか」という点はとても気になるところです。採用担当者に複数応募について聞かれた場合は、正直に複数受けているということを伝えしましょう。ほかにも受けていることが分かった場合、採用側は条件が許す範囲で、より良い勤務内容を提示してくれることがあります。採用側が応募者の希望をくんでくれた場合には、採用後、モチベーションややりがい、お互いの信頼も高まります。

内定率アップと短期間での採用という相乗効果も

複数応募すると、面接に慣れてきて、自分の長所や、希望する入職時期、勤務上の条件などをスムーズに伝えられるようになります。そのため、結果的に内定率がアップするというメリットもあります。

また、1件の求人にしか応募していない場合、面接が済んでも選考が終わるまでは、なかなか次の行動に移りづらいものです。選考スピードが遅い事業所であれば、それによって転職活動が長引く可能性もあります。一方、同時期に複数求人に応募すれば、選考もほぼ同時に進むので、転職期間の短縮につながります。

このように内定率アップと短期間での採用という、効果も期待できるのです。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop