1. 自動車運転免許を持っていると、医療介護の仕事は有利に!

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/05/25
自動車運転免許を持っていると、医療介護の仕事は有利に!

高齢者の増加にともない、医療介護福祉業界では訪問系や送迎付きの事業所が多くなりました。そのため、自動車運転免許を持っていると転職や復職に有利なことが多いようです。

訪問医療・介護には自動車を運転できる人の需要が高い

超高齢社会を迎え、自分で医療機関を受診できない高齢者が多くなっています。また、核家族化により介護してもらえる家族が身近におらず、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」という状況もよくみられます。そんな高齢者のために、医療介護福祉の専門技術者が自宅へ訪問し、サービスを提供することが増えてきました。自治体や国の高齢者対策としても、在宅医療サービスの体制を整えることに力を注いでいます。訪問による医療福祉サービスの需要が増えれば、車の運転が必要になる場面も増えるもの。そこで、訪問で行う医療や介護福祉サービスを提供している事業所は、車の運転ができる方を積極的に採用することが多いのです。

求職活動は自動車運転免許を持っていると有利になることも

実際に求人の情報を見てみると、自動車運転免許について触れている事業所がいくつもあります。やはり訪問や送迎を行う業務ですから、自動車免許の所持を応募条件としているところが多いようです。なかには、「大型ワゴン車が運転できること」という条件を挙げていることも。また、車の運転ができれば、訪問診療に未経験でも応募可能という求人もあります。

このような求人ばかり見ていると、「車の運転ができないと、訪問や送迎に関わる医療介護福祉業界で働けないのでは?」と心配になってしまうかもしれません。しかし、「訪問入浴」など、複数名で一緒に業務を行う訪問サービスもたくさんあります。ですから、車の免許を持っていないからといって、訪問医療・介護の仕事につけないとは限らないのです。

自動車運転免許があると待遇面でも優遇される!?

運転業務ができるという方に対して待遇面での優遇はあるのでしょうか。訪問型の事業所には、運転手当を支給しているところがあります。また、デイサービスなどでは、送迎業務に携わる回数に応じて手当が支給される求人もあります。なかには送迎ドライバーとして、朝、もしくは夕方での短時間勤務を可能としているところも。しかし、運転ができることは常識的なものと考える事業所もあり、優遇措置、給与アップとまではいかないケースもあります。 それでも、車の運転が求められる現代において、車の免許を持っていることは、就職や転職において強みといえます。求人票などで仕事内容の他に、条件に車の免許が入っていないか確認は忘れずにしたいものです。もし、普通自動車免許を持っていないのであれば、取得も考えてみてはいかがでしょうか。

読者の方へのメッセージ

体力的にも自動車が良さそう

介護の現場は体力勝負です。何件かの訪問を自転車で移動し、疲れた体で自転車を漕いで帰るということを考えると、運転免許を持っていると体力的にも助けになるのではと思います。

名原史織名原史織(看護師・鍼灸師)2016/06/10

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop