1. 引越しが先?転職活動が先?転居を伴う転職での注意点

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/01/16
引越しが先?転職活動が先?転居を伴う転職での注意点

転居を伴う転職の流れは、主に2種類に分かれます。転職活動を終えてから引越し先を決める場合と、引越ししてから転職活動をする場合。それぞれの場合に注意したいポイントを紹介します。

「転職活動が先」の場合に注意したいポイント

多くの人が転職活動を先に行い、転職先を見つけてから引越しをするのではないでしょうか。ただ、現住所と転職先が遠い場合、「本当に転居してまでうちに転職する気があるのか?」と思われてしまうことも。そう思われないためにも熱意の伝わる志望動機を用意し、引越ししてまで就職したいという思いを伝えるとよいでしょう。また、予定でいいので内定後のスケジュールを立てておくとよいですね。例えば、内定後〇週間後に退職・〇週間以内に引越し・〇月〇日から勤務可能…など。これらが決まっていると、勤務開始日についての相談があった際にスムーズに話が進みます。

「引越しが先」の場合に注意したいポイント

どうしても住みたい地域がある場合は、先に引越しをするのも選択肢です。自分の好きなところに住めれば、仕事へのモチベーションも高まるでしょう。しかし、いざ転居が終わり転職活動をしても、なかなか転職先が決まらないというリスクもあります。決まったとしても、転職先へのアクセスが悪く通勤時間が長くなってしまうなんてことも。そうならないためにも、どこへ行くのも便利な地域への引越しや、電車以外での通勤手段の確保などを検討するとよいでしょう。また、転職先での給料が分からないまま引越しをすると、想像より給料が低かった場合に家賃の負担が大きくなる可能性もあります。あらかじめその地域にどの程度求人があるのかをチェックしておくことも大切です。

どちらにしても事前リサーチが大切!

転職先は決まったが転職先地域の家賃相場が意外と高く、希望の物件が見つからない。引越し先で、希望の職種の求人がほとんどないため転職活動が進まない。なんてことのないよう事前にしっかりとリサーチすることが大切です。転職活動を先にする場合は、寮や社宅のある事業所を選ぶのも手です。転居先を探す必要がなく、スムーズに引越しが進みます。また、引越しを先にすませる場合は、その地域の事業所数や給与水準を調べておくとよいでしょう。給与水準から家賃を決めると安心です。ジョブメドレーでは、希望のエリア・求人の特徴・給与などから検索することもできます。事前リサーチの際は、ぜひジョブメドレーの検索機能を活用してください。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop