1. 2018年4月より創設!介護医療院とはどのような施設?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2018/06/11
2018年4月より創設!介護医療院とはどのような施設?

医療と介護をどちらも必要とする高齢者の増加を受けて、2018年4月より新たに創設された介護医療院。今回はその特徴についてご紹介します!

介護医療院は医療と介護の複合的ニーズに対応

2018年の4月に創設された介護医療院は、医療の必要な要介護高齢者のための長期療養・生活施設としての機能を持っています。介護医療院の大きな特徴としては、以下の3つです。

  • (1)日常的に医学的な管理が必要な重介護者を受け入れる
  • (2)看取りや終末期ケアにも対応可能
  • (3)日常生活の場としての機能を備えている

今後、さらなる高齢化の進行によって、慢性的に医療と介護の両方を必要とする高齢者の増加が見込まれます。介護医療院はそのニーズに応え、医療と介護を受けながら、要介護者が安心して生活することができる施設として期待されています。

介護医療院にはⅠ型とⅡ型の2つの類型がある

介護医療院は、利用者やサービスの提供内容によってⅠ型とⅡ型の2つに分類されます。

Ⅰ型では、重篤な身体疾患を有する高齢者や、身体合併症を有する認知症高齢者のように、医療的ケアの必要性の高い要介護者が利用対象です。

Ⅱ型はⅠ型と比べて、容体が比較的安定している高齢者が利用対象とされています。

Ⅰ型、Ⅱ型に共通するものとしては、療養室の1人当たりの床面積が挙げられます。床面積はいずれも「8.0平方メートル/床」と定められていますが、これは介護老人保健施設と同じ程度の広さです。介護医療院は介護や医療を受ける場というだけではなく、利用者の生活の場でもあります。そのため、多床室においても家具やパーテーション等で間仕切りを設置するなどして、プライバシーへの配慮が求められています。

介護医療院の人員配置の指定基準

介護医療院には医療や介護に関わるさまざまな専門職が活躍しています。そしてその人員配置数は職種ごとに基準が定められています。医師、薬剤師、看護職員、介護職員については、Ⅰ型とⅡ型で指定基準が異なります。

  • Ⅰ型:医師48対1(施設で3以上)、薬剤師150対1、看護師6対1、介護職員5対1
  • Ⅱ型:医師100対1(施設で1以上)、薬剤師300対1、看護師6対1、介護職員6対1

医療依存度や介護度の高い方が利用するⅠ型の施設のほうが、手厚い人員配置となるよう定められているのが特徴です。一方、リハビリテーション専門職、栄養士、診療放射線技師などは、施設全体で配置人数の基準が定められています。

  • ・リハビリテーション専門職:適当数
  • ・栄養士:定員100以上で1以上
  • ・介護支援専門員(ケアマネジャー):100対1(1以上)
  • ・診療放射線技師:適当数
  • ・その他の従業者:適当数

診療放射線技師など、具体的な人員数が定められていない職種は、それぞれの施設の実情に合わせて配置することとされています。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop