1. [PR] 良い保育には“心のゆとり”が必要「テンダーラビング保育園 みらい平」で働く魅力をインタビュー

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

インタビュー2019/01/29
[PR] 良い保育には“心のゆとり”が必要「テンダーラビング保育園 みらい平」で働く魅力をインタビュー

株式会社テンダーラビングケアサービスは、創業以来24年、福祉分野でサービスを提供し続けている老舗企業です。同社が運営する「テンダーラビング保育園」では「保育はチーム」をモットーに、職員同士の連携を大切にしています。今回は、実際に茨城県つくばみらい市の「テンダーラビング保育園 みらい平」で働く保育士さんに園の魅力を伺ってきました。

「テンダーラビング保育園 みらい平」に入職したきっかけ


テンダーラビング1

[PR] 株式会社テンダーラビングケアサービス

―今日はよろしくお願いします。最初に「テンダーラビング保育園 みらい平」に入ったきっかけを教えていただけますか?


後藤有子先生(以下、後藤):わたしは物心がついた頃から子どもが好きで、公園にいる子どもたちとよく一緒に遊んでいたんです。なので、自然と「将来は保育士になりたい」と思っていて、短期大学の保育科を卒業後、保育園に入職しました。最初の保育園では2年間働いて、退職後に現在の「テンダーラビング保育園みらい平」で働いています。


―最初の保育園はどんなところでしたか? 転職を考えた理由も合わせて聞かせてください。


後藤:最初の保育園は、保育方針へのこだわりがすごく強い園だったと思います。子どもとの関わりも楽しくできていたし、先輩職員との人間関係も良かったんです。ただ、こだわりが強いだけに保育士の仕事量が増えてしまい、私自身がそこに追いつけなかったので転職を考えました。

子どもの人数とワークライフバランスを重視

―転職先として「テンダーラビング保育園みらい平」を選んだ理由はなんでしょうか?


後藤:わたしが転職活動で重視していたのは「園の子どもの人数」です。前の園では子どもがたくさんいて、保育士がやることもたくさんあったので「次の園ではもっと子ども一人ひとりとの関わりを強く持ちたい」と考えていました。


また、現在の「テンダーラビング保育園みらい平」を受けたときに、園長先生が「うちの園は働く時間をしっかり管理してます」「自分で考えた活動をのびのびと保育に生かしてください」と説明してくれたことも大きかったと思います。


―実際に働く時間のバランスはとれてますか?(みなさん職員室にいるので)ちょっと話しづらいかもしれませんが(笑)。


後藤:はい、本当にすごく助かってます(笑)。ふだんの勤務はシフト制で早番や遅番があるんですけど、みんなシフトどおり働いたらぴたっと帰っています。土曜保育があるときなどには、振替休日もきちんと取れますね。


やっぱり子どもや保育が好きでも、ずっと忙しいと心の余裕がなくなってしまうんですけど、転職してからはその部分が解消されました。

「自然遊び」を取り入れた保育が特徴

―入職後はどんな研修を受けましたか?


後藤:運動遊びの研修や0歳児クラスの研修を受けました。テンダーラビングの他の園や本社で研修を受けたあとは職員会議で内容を共有して、園の保育に活かせるようにしています。


―会社として研修制度がしっかり整っているところはすごく安心ですね。では次に、園の保育の特徴を教えていただけますか?


後藤:「自然遊び」を取り入れた保育は特徴の1つだと思います。夏は水遊びをしたり、秋はどんぐり拾いや落ち葉拾いをしたり、季節のテーマに合った保育を毎月職員で考えておこなっています。


また、月に2回英語の時間があるんですけど、0歳児クラスの子もやります。喋ることはできないんですけど、英語の歌に合わせて体を動かしたり、慣れてきたら音をまねて声を出したりできるようになるんですよ。


―月ごとの行事が充実しているんですね。後藤先生がいちばん思い出に残っている行事は何ですか?


後藤:年に1回の発表会です。私が受け持っている年長さんクラスは、マジックの出し物をやりました。練習の成果を発表会で出せている姿を見たときには「…本当に頑張ったね」って感動して涙が出そうでした。そういう瞬間に「保育士になって良かったな」って思います。

園の魅力は職場の人間関係

テンダーラビング2

園長先生(写真左)を中心とした、気軽に相談し合える人間関係も働く魅力のひとつ


―園全体の魅力はどんなところですか?


後藤:職場の人間関係が良いところです。上下関係がなくて親しみやすいので、保育の内容についてもよく相談しています。先輩たちは否定から入らずに「それいいね!」「こうしたらもっといいんじゃない?」というアドバイスの仕方をしてくれるので、すごくありがたいですね。


私は今年はじめて年長さんのクラスを受け持って、最初は子どもとの関係性にすごく悩みました。なかなか伝えたことを受け入れてもらえないこともあったんですけど、園長先生や主任に相談してアドバイスをもらったり、保育に対する考え方を学ぶことで、すこし気持ちが楽になりました。

叱っても「先生が好き」と言われる保育士になりたい

―後藤さんの理想の保育士像を教えていただけますか?


後藤:どうしても危ないことがあったり、伝えなければいけないことがあったりして子どもを叱ったりすることがあったとしても、怖い先生で終わるんじゃなくて、きちんとフォローを入れて、最後に「それでも先生が好き」と言ってもらえるようになりたいなと思っています。まだまだ未熟な部分が多いんですけど。


―最後に、求職者の方へメッセージをお願いします。


後藤:プライベートと仕事の両立がしっかりできる職場なので、自分の生活も充実させて好きな保育がやりたいという人にはすごくいいのかなと思います。


―後藤さん、ありがとうございました!

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop