1. 医療介護求人ジョブメドレー
  2. 仕事外でもついやっちゃう!?看護師あるあるといえばこの3つ!

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/05/19
仕事外でもついやっちゃう!?看護師あるあるといえばこの3つ!

毎日、緊張感のある現場で働いている看護師。プロ意識を持って働いているがゆえに、仕事外でもそのアンテナがついつい働いてしまうことも。そんな看護師の、仕事外でのあるある3つをご紹介します。

看護師あるある1.他人の血管をじっと見る

定番の看護師あるあるといえば、他人の血管の走行をじっと見てしまうことです。この人の血管は刺しやすそう、この人の腕は血管が出にくそう・・・などと、ついつい腕を見て考えを巡らせてしまいがち。特に、隆々としてまっすぐな走行の血管があるのを見ると、駆血しなくても針が刺せそう・・・!と興奮を覚えてしまう人もいるのではないでしょうか。仕事外にも関わらず、血管に触れて弾力を確かめたくなってしまうのも、看護師あるあるですね。

看護師あるある2.医療系ドラマや映画にツッコむ

医療をテーマにしたドラマや映画が、最近はかなり増えましたよね。そんなドラマなどを見てついついツッコミを入れてしまうのも、看護師あるあるの一つ。「こんな場面、実際じゃありえない!」「こんな医師や看護師はいない!」「そんなやり方、現場ではしない!」などとあらゆる場面でツッコんでしまいます。仕事外だから純粋に作品として楽しめればいいのですが、プロとしてプライドを持って働いているがゆえ、やはり気になってしまう人が多いようです。

看護師あるある3.鳴っていないはずのナースコールなどが聞こえる

日々緊張感を持って働いている看護師。その意識をオンとオフで切り替えるのは、時には難しいこともあります。そんな看護師のあるあるが、仕事外でもナースコールや心電図モニターの音が聞こえてきてしまうこと。実際に鳴っているわけではないのに、鳴ったのが聞こえたような気がしてしまうのです。日常生活の中では聞こえなくても、夢の中で音が鳴っているという人も多いのでは。職場での緊張感がうまく取れないと、そのような状況になってしまうのかもしれませんね。

紹介した看護師あるある、あなたにも当てはまるものはありましたか?

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

Btn pagetop