1. 理学療法士や作業療法士の訪問リハビリの時給はなぜ高い?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/11/06
理学療法士や作業療法士の訪問リハビリの時給はなぜ高い?

比較的時給が高いことが多い、理学療法士や作業療法士が従事する訪問リハビリの求人。なぜ、訪問リハビリの仕事は時給が高いのでしょうか?その理由と、働くときに気をつけておくべきポイントについて、解説します。

訪問リハビリの仕事、時給が高い理由とは?

ジョブメドレーで理学療法士や作業療法士などリハビリの求人を探してみると、訪問リハビリの仕事は特に時給が高いことがわかります。なぜ、病院など固定の場所で行うよりも、訪問のほうが時給が高いのでしょうか?その理由は、この場合の時給というものが、「1件の訪問あたり」とされていることが多いからです。1訪問あたり1時間程度と想定されており、移動の時間は加味されていません。1日あたりの訪問件数が多ければ日給は高くなりますし、少なければ低くなります。その日の訪問件数によって得られる給料が左右されるのが、訪問リハビリの仕事なのです。

訪問リハビリをするときに注意すべきポイントは?

では、訪問リハビリで働くときの注意点について考えてみましょう。先ほどお話ししたように、訪問リハビリの時給は「1訪問あたり〇〇円」とされていることが多く、移動時間は、時給に換算されません。ですので、訪問場所が遠いかどうかで負担は大きく変わります。交通費は支給されることがほとんどではありますが、訪問範囲を事前に確認しておいたほうが良いでしょう。また、1訪問あたりの時間が必ず1時間とは限りません。訪問先によっては、20分や30分程度の場合もあります。その場合は、時給もそれに応じて少なくなることを頭に入れておきましょう。

訪問リハビリ、うまく活用してみよう!

病院や施設で働く場合に比べると、やや難しそうな印象を受ける訪問リハビリの仕事。しかし、うまくシフトが組めれば、高い収入を目指すことも可能です。また、訪問リハビリの事業所は、ダブルワークをOKとしていることも少なくありません。職場に副業禁止の規定がなければ、ダブルワークとして訪問リハビリに携わってみるのも良いでしょう。仕事としても、1対1で利用者さんと密に向き合うため、やりがい十分。ライフスタイルに合わせて、訪問リハビリという働き方をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop