1. 【2018年最新版】診療放射線技師の仕事内容は?資格の取り方、給与・年収について知ろう!

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2018/10/11
【2018年最新版】診療放射線技師の仕事内容は?資格の取り方、給与・年収について知ろう!

診療放射線技師がレントゲン検査以外にどんな仕事をしているのか知っていますか?今回は、あまり知られていない診療放射線技師の仕事内容や、年収、資格の取り方などを紹介していきます。

診療放射線技師画像

診療放射線技師とはどんな職業?

診療放射線技師は、医療における放射線を扱う職種です。検査や治療を行う時に必要になる放射線を、医師または歯科医師の指示を受けて人体に照射できる資格が与えられています。

現代医療では、レントゲン検査やMRI検査などが一般的に行われていますが、このような装置を扱っているのが診療放射線技師です。

このほか、消化管造影検査、CT検査、血管造影検査、乳房X線撮影(マンモグラフィ)、核医学検査、放射線治療、超音波検査、骨密度検査などの検査や治療に携わっています。

2.診療放射線技師の具体的な仕事内容は?

医師や歯科医師の指示を受けて放射線を人体にあてることができる診療放射線技師ですが、実は検査や治療に携わるだけではありません。扱う装置の管理や放射線被ばく管理などの仕事も大事な業務となっています。

では、診療放射線技師は具体的にどんなことをするのかを見ていきましょう。

<画像検査・画像診断>

(1)レントゲン検査(一般X線検査)

健康診断でも行われることが多いレントゲン検査。肺の検査をする胸部撮影や、歯科治療時に行う歯のレントゲン検査などをします。放射線を扱う検査の中では最もポピュラーです。

(2)MRI検査

磁気共鳴診断装置という「磁石」と「電波」の力を使って体内の画像を撮影するのがMRI検査です。X線などの放射線は使われていませんが、診療放射線技師が検査を担当することが多くなっています。

(3)CT検査

CT検査では体の断面図を撮影し、立体的な3D画像を撮影します。MRI装置と見た目は似ていますが、放射線を使わないMRI検査に対して、放射線を使うのがCT検査です。そのため、CT検査は診療放射線技師の資格を持っていないと扱うことはできません。

(4)消化管造影検査

一般的には胃バリウム検査と呼ばれることが多い検査です。人間ドックや健診などで、病気の早期発見などにも役立っています。

(5)血管造影検査

大腿動脈や腕の動脈からカテーテルを挿入し、そこに造影剤投与することで血流や血管の形を画像診断できるようになる検査です。実際にカテーテルを挿入したり麻酔をかけたりするのは医師や看護師ですが、診療放射線技師は検査室の外で画像を確認しながら撮影したり、機械の操作を行ったりします。

(6)乳房X線検査(マンモグラフィ)

乳がんの検査や治療で使われるのが乳房X線検査(マンモグラフィ)。女性特有の病気である乳がんの早期発見にも役立っています。検査をする時は、直接乳房をさらけだす必要があり、撮影位置を合わせるために触れる必要性も出てきます。そのため、乳房X線検査(マンモグラフィ)は、男性の診療放射線技師よりも女性の診療放射線技師が仕事を担当することが多くなっています。

(8)骨密度検査(骨塩定量検査)

簡易の骨密度検査もありますが、診療放射線技師が担当しているのはX線を使った骨塩定量検査という方法です。照射したX線がどのくらい骨に吸収されているのかという割合を見て、骨粗しょう症の検査をします。

(9)超音波検査

超音波検査は、超音波を使って腹部、乳房、心臓、甲状腺、膀胱などの画像を検査する方法です。MRI検査と同じように放射線を使わない検査のため、診療放射線技師の資格がなくても扱える装置です。臨床検査技師が担当している施設も多いですが、診療放射線技師が検査を担当することもあります。

<核医学検査>

核医学検査とは、微量の放射線物質を体内に投与して行う画像検査のことです。体内に入った微量の放射線物質を目印として、それを外から追っていくことで臓器の形や血流量、そして臓器の機能などを調べていきます。

<放射線治療>

診療放射線技師は、がんの治療で行われている放射線治療にも携わります。仕事内容としては、「治療」という点で同じ患者さんと触れ合う機会が多くなるので、より患者さんのケアなどが必要になってくるのが特徴です。装置を使って、体外からX線や電子線を病巣部にあてていきます。

<放射線機器管理>

病院や施設にある放射線機器の点検や品質管理を行います。

<放射線被ばく管理>

検査で使われる放射線は微量ですが、その量が適切かどうかを定期的に検査するのも診療放射線技師の仕事のひとつです。

3.診療放射線技師になるにはどうすればいい?

医療職種の中で唯一、業務として放射線を扱うことができるのが診療放射線技師。そのため、診療放射線技師の資格は国家資格にあたり、厚生労働大臣から免許を付与してもらわなければ名乗ることができません。

では、どうすれば資格を取ることができるのでしょうか。国家資格の受験要件を確認しましょう。

診療放射線技師国家試験を受ける方法は、大きく分けて2通りあります。

ひとつは、文部科学大臣が指定した学校、もしくは都道府県知事が指定した診療放射線技師養成所(専門学校)で、必要な知識や技術を3年以上学んで卒業する方法。

もうひとつは、日本国外で診療放射線技術の学校または養成所(専門学校)を卒業したうえで、国内の診療放射線技師の免許に相当する免許を付与され、厚生労働大臣に認められる方法です。

そのため、ほとんどの人は国が定めた学校で学び、技術を習得してから受験をすることになるはずです。

4.診療放射線技師の国家試験合格率は?

診療放射線技師の国家試験は、1問1点で200問出題されます(200点満点)。このうち、0点の試験科目が1科目以下で、総得点が120点以上であれば合格です。試験が一部免除されている人の場合は1問1点で98問出題され(98点満点)、このうち59点以上であれば合格となります。

厚生労働省が発表した「第70回診療放射線技師国家試験の合格発表について」によると、2018年度の合格率は以下のようになっていました。

受験者数:2,971名

合格者数:2,237名

★合格率:75.3%(84.8%)

※()内は新卒者のみの割合

さらに過去にさかのぼってみると、2017年度は85.4%(96.0%)、2016度は78.8%(90.9%)となっており、いずれも高い合格率を誇っているのが分かります。

※いずれも()内は新卒者のみの割合

とくに新卒者だけの割合を見てみると8割以上が合格していることから、学校卒業後(卒業見込み)すぐに受験できることが大きなアドバンテージになっていそうです。


また、「第71回診療放射線技師国家試験」は2019年2月21日(木)に実施予定となっています。

5.気になる給料はどのくらい?

これから診療放射線技師になろうとしている人も、実際に診療放射線技師として働いている方も、他の診療放射線技師がお給料をどのくらい貰っているかは気になりますよね。

厚生労働省が発表した「平成29年賃金構造統計調査」にようると、平均年収は約470万円でした。年齢や地域によっても差は出ますが、これは低くない水準といえるのではないでしょうか?

6.最後に

MRIやCT、超音波などを用いた最新の検査をするためには診療放射線技師の存在が不可欠です。

診療放射線技師の資格は一生ものですし、業務を通して医療に大きく貢献できるため挑戦する価値のある資格といえるでしょう。

ジョブメドレーでは放射線技師の求人も多数取り扱っているので、ぜひご覧ください。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop