1. 医療介護求人ジョブメドレー
  2. なるほど!ジョブメドレー
  3. 【2020年最新版】美容部員(BA・ビューティーアドバイザー)とは? 仕事内容、働く場所、年収・給与、将来性について

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2020/06/01
【2020年最新版】美容部員(BA・ビューティーアドバイザー)とは? 仕事内容、働く場所、年収・給与、将来性について

カウンセリングによって肌の悩みを聞き、最適な化粧品を提案・販売する「美容部員(BA・ビューティーアドバイザー)」について。仕事内容や働く場所(職場)、給料・年収、将来性などを紹介します。

美容部員画像

1.美容部員とは

美容部員画像1

美容部員は、お客さんにメイクアップやスキンケアのアドバイスをおこない、化粧品を販売する専門職です。所属するメーカーや店舗によって、ビューティーアドバイザー(BA)ビューティーカウンセラー(BC)ビューティーコンサルタント(BC)、化粧品販売店員、美容スタッフなどの呼び方があります。

厚生労働省が管轄する「労働政策研究・研修機構の職業分類」では、美容部員は「医薬品・化粧品販売店員」にあたり、働く場所・仕事内容を以下の黒字部分のように定義されています。

薬局・一般小売店などにおいて一般用医薬品の陳列・販売・管理、情報提供、来店者 への応対などの仕事に従事するもの、および化粧品を扱う小売店において化粧品の陳 列・販売・補充、来店者への応対などの仕事に従事するものをいう。

2.美容部員の仕事

美容部員画像2

美容部員は、美容と化粧品に関する専門知識を活かしてさまざまな業務をおこないます。それぞれの具体的な内容を見ていきましょう。

■接客・販売

美容部員のメインの仕事は「接客して、化粧品を販売すること」です。

接客では初めにカウンセリングによってお客さんの悩みを聞き、最適な化粧品を提案します。コスメカウンターでは、提案する商品を使って実際にメイクアップやスキンケアなどを施す「タッチアップ」をおこないます。

また、化粧品を手の甲に出して、香りや使用感を確かめてもらうことを「ハンドデモ」と呼びます。このカウンセリング、提案、タッチアップ・ハンドデモの流れが「接客」の基本です。

化粧品をお客さんに気に入ってもらい「販売」につなげるためには、美容とコスメに関する豊富な知識、メイクアップ・スキンケアの技術力、高い接客力が求められます。

■会計・検品・在庫確認・発注・清掃

メイン業務の接客・販売以外に、化粧品の会計、陳列、検品・在庫確認・発注などのバックヤード業務、売場清掃などがあります。基本的に立ち仕事がメインとなるため、事務処理能力や体力も必要になるということを覚えておきましょう。

3.美容部員になるには

美容部員画像3

3-1.資格は必須ではない

美容部員は、美容師や理容師のような国家資格ではありません。美容部員になるために資格は必須ではなく、勤務先となる化粧品メーカーや百貨店などの採用試験に合格すれば働くことができます。

雇用形態も正社員や契約社員、アルバイト・パートまでさまざまです。新人研修制度や教育体制を整えて「未経験者」を受け入れている企業もあるため、美容業界の中でも、比較的目指しやすい職種だといえます。

3-2.美容専門学校やスクールで学ぶ人もいる

美容部員になるために資格は必要ありません。しかし、美容部員の仕事は化粧品の売上に直結するため、高いスキルが求められます。そのため、中学校や高等学校の卒業後、美容専門学校で勉強したり、メイクスクールに通ったりして就職を目指す人もいます。

■美容専門学校の特長

美容専門学校の教育課程は、一般的に昼間課程(2年以上)と夜間課程(2年以上)と通信課程(3年以上)に分かれます。このうち、通信課程(3年以上)は美容師・理容師を目指す人向けのカリキュラムです。学校によって異なりますが、昼間課程・夜間課程の学費の相場は200万円〜300万円になります。

そのため、美容部員を目指す人は昼間課程か夜間課程の「総合美容科(トータルビューティー科)」「ビューティーコンサルタント科」などを専攻します。

在学中には美容理論やメイクアップ、スキンケア、エステティックの技術、接客マナーなどを幅広く学び、美容部員として求められる知識・技術を身につけることが可能です。これらの知識・技術は、途中でキャリアプランが変わり、美容系の他職種を目指すことになったときにも役立ちます。

大手化粧品メーカーと提携してインターンシップ制度を取り入れていたり、企業による「就職説明会」をおこなっていたりする専門学校もあるため、「憧れの化粧品ブランドで働きたい」といった希望がある人は学校選びのときにチェックしてみましょう。

■メイクスクールの特長

メイクスクールは、メイクアップアーティストを目指したり、メイクアップの知識・技術を学んだりする人に講義をおこなっている学校です。美容専門学校と同じように、基本的な美容知識も学びますが、よりメイクの実践・技術の習得を重視したカリキュラムが組まれています。

受講スタイルは「通学」と「通信」の2パターン。半年間の「短期集中コース」や1年間の「専門コース」など、希望に応じて幅広いコースから選ぶことができます。学費は受講回数によって異なりますが、半年間のコースで30万円〜50万円、1年間のコースで50万円〜150万円程度が相場になります。

4.美容部員の働く場所(職場)

美容部員画像4

美容部員の働く場所(職場)は働き方によって異なります。一般的な働き方としては、「化粧品メーカーの社員として働く方法」「化粧品専門店やドラッグストアの社員として働く方法」などがあります。

■化粧品メーカーの社員として働く

化粧品メーカーの社員として働く場合は、入社後に自社ブランドの商品知識や接客マナー、メイクアップやスキンケアに関する研修を受けたうえで店頭に立ちます。

おもな職場としては、自社ブランドを扱う百貨店大型スーパー(GMS)ショッピングモールドラッグストア内の化粧品売り場などがあります。

美容部員と聞くと、国内や海外の有名ブランドが並ぶ百貨店で働く姿をイメージする人もいると思います。しかしながら、大手の化粧品メーカーは美容部員の人数も多く、百貨店への配属は狭き門となっているようです。

初めは販売職として売り場に立ちますが、店頭での売上実績や経験が評価され、各店舗を統括するマネージャー職に就いたり、店舗開発や商品開発に携わったりする人もいます。

■化粧品専門店・ドラッグストアなどで働く

化粧品専門店やドラッグストアなどで働く場合は、メーカーの社員とは違い、店舗が取り扱うさまざまなブランドの化粧品を販売します。

そのため、各ブランドの特長を知り、お客さんに説明するための豊富な商品知識が必要になります。また、取り扱う化粧品が多いため、商品の陳列、検品・在庫確認・発注といったバックヤード業務の比重が大きくなる傾向にあるようです。

5.美容部員の平均年収(国内大手化粧品メーカー3社)

国内大手化粧品メーカー3社における、美容部員の新卒採用募集要項を見ると、資生堂ジャパン(資生堂グループ)の平均年収は349万円〜、ソフィーナビューティカウンセリング(花王グループ)とコーセー化粧品販売(コーセーグループ)の平均年収は約300万円〜となっています。通勤手当・残業手当などの諸手当は含みません。こちらは正社員の新卒初年度の平均年収と月給です。あくまで参考程度にとらえておきましょう。

新卒給与(月給) 平均年収
資生堂ジャパン ビューティーコンサルタント職
17.2万円(大卒)
16.5万円(短大・専門卒)
349万円〜360万円
ソフィーナ(花王) ビューティーアドバイザー職
19.2万円〜20.7万円(大卒)
18.4万円〜19.9万円(短大・専門卒)
約300万円〜
コーセー化粧品 ビューティーコンサルタント職
19.1万円〜20.7万円(大卒)
18.4万円〜20.0万円(短大・専門卒)
約300万円〜

※各社2019年度新卒採用実績より作成

6.美容部員の将来性

美容部員画像5

6-1.国内化粧品市場の動向(2019年度)

美容部員が働く場所のひとつである、百貨店の統計をみると、2019年度の化粧品売上高は5,713億円でした。過去10年間の化粧品売上高を見ても、順調に推移していることがわかります。

全国百貨店 化粧品売上高の推移

一般社団法人日本百貨店協会「百貨店売上高」より作成

衣料品や雑貨、食料品、化粧品などを含む百貨店全体の売上高は毎年減少傾向にある一方、化粧品の売上高は毎年伸びており、美容部員が働くさまざまな職場で需要が広がっているといえるでしょう。

6-2.従来の接客に付加価値が必要

化粧品市場が成長傾向にあり、美容部員の需要が広がってきているものの、将来のキャリアはより慎重に考えなければなりません。

近年ではオンラインで手軽に化粧品が購入できるようになったため、店頭に足を運ばない人も増えてきています。

そのような中で、美容部員として活躍するためには、従来の接客に付加価値が必要です。たとえば、タッチアップで新しいメイクの仕方を提案したり、新商品を紹介したり、対面の強みを活かした接客はリピート客の増加につながります。

また「訪日観光客に対応できる語学力」「高齢者に似合うメイクアップ」など、時代の変化に合わせたスキルの習得は、就職・転職活動においても役に立つでしょう。美容部員の仕事を探している人は、参考にしてみてください。

関連リンク

美容部員の新着求人

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop