1. 医療介護求人ジョブメドレー
  2. なるほど!ジョブメドレー
  3. 【2020年最新版】美容師の仕事、なり方、働く場所、給料、将来性は?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2020/04/20
【2020年最新版】美容師の仕事、なり方、働く場所、給料、将来性は?

髪のカッティングやパーマ、カラーリングによって、お客さんの容姿を美しくする「美容師」について。仕事内容やなり方、働く場所、給料、将来性、理容師との違いなどをご紹介します。

美容師画像

1.美容師とは

美容師画像

美容師は、美容師法(1957年)にもとづく国家資格です。

この法律によると、美容師は「美容を業とする者」と定義されており、「美容」は「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」を意味します。

詳しい定義は以下を参考にしてください。


“ 美容師は「美容を業とする者」をいい、美容師法に基づき厚生労働大臣の免許を得なければならない。美容師の免許を持たないものは美容を業として行うことはできない。なお、業とは反復継続の意思をもって行うことで、有料・無料は問わない。

美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされており、染毛やまつ毛エクステンションも美容行為に含まれる。なお、美容師がカッティングを行うことは差し支えない。

また、美容師が美容を行う場合には器具やタオル等を清潔に保たねばならない。”

(厚生労働省「美容師法概要」より引用)


結髪(けっぱつ)」とは「髪を結うこと」で、美容は江戸時代中期に生まれた女髪結(おんなかみゆい)という職業からはじまったと言われています。

また、理容師の定義と比べて見ると、それぞれに違いがあることがわかります。


“ 理容師は「理容を業とする者」をいい、理容師法に基づき厚生労働大臣の免許を得なければならない。理容師の免許を持たないものは理容を業として行うことはできない。

理容とは「頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」とされており、刈り込み等の行為に伴う理容行為の一環として男子に対し仕上げを目的とするコールドパーマネントウェーブを行うことは理容の範囲に含まれる。染毛も理容・美容行為に含まれる。業とは反復継続の意思をもって行うことで、有料・無料は問わない。

また、理容師が理容を行う場合には器具やタオル等を清潔に保たねばならない。”

(厚生労働省「理容師法概要」より引用)

2.美容師になるには

美容師画像

2-1.美容師は国家資格

美容師は国家資格です。そのため、美容師になるには厚生労働大臣指定の養成施設(美容学校)を卒業後、国家試験(学科・実技)に合格して美容師免許を取得する必要があります。

美容師免許の取得ルート

ほとんどの美容学校は「高等学校卒業以上」が入学資格となっていますが、「高等課程」としての認可を受けている学校には、中卒者および中従者(中学校を卒業して、美容室で補助的な業務をしている人)も入学することができます。

以下参考リンクの「養成施設一覧」から都道府県を選択すると、中卒者および中従者が入学可能な美容学校を探すことができます。ぜひ参考にしてみてください。

(参考)


2-2.美容師免許とは

美容師免許とは、美容師法にもとづき、美容師の国家資格を有することを証明するものです。資格の正式名称はそのまま「美容師免許」です。

就職・転職活動で履歴書を作成する場合は、免許・資格欄に「美容師免許 取得」と記載しましょう。

2-3.美容師免許の取得方法

美容師免許は、美容師国家試験に合格するだけでは取得できません。

厚生労働大臣の指定を受けた「公共財団法人理容師美容師試験研修センター」に免許申請をおこない、美容師名簿に「本籍地」「氏名」「生年月日」を登録する必要があります。

免許を取らずに美容師の業務をおこなうと「無免許営業」として、30万円以下の罰金を科せられます。以下の流れを参考に、忘れずに申請をおこないましょう。

(1)「免許申請書」を作成する

美容師国家試験の合格者には「合格通知書」に同封するかたちで「免許申請書」が郵送されます。理容師美容師試験研修センターの「免許申請書見本」を参照しながら、間違いのないように書類を作成しましょう。

同封された「免許申請書」を紛失してしまった人は、理容師美容師試験研修センターの理容師美容師試験研修センターのホームページから用紙をダウンロードすること。

(2)「登録免許税」「申請手数料」を支払う

美容師免許の申請には「登録免許税 9,000円」「申請手数料 5,200円」が必要になります。以下を参考に料金を支払い、免許申請書を完成させましょう。

point
登録免許税:郵便局で9,000円分の収入印紙を購入。免許申請書のおもて面に貼る

申請手数料:郵便局に備え付けの「払込取扱票」で振り込む。窓口で支払う場合は「振替払込請求書兼受領証」、ATMで支払う場合は「ご利用明細票」の原本を免許申請書のうら面に貼る

(3)市区町村で「戸籍抄本」または「住民票」を交付してもらう

住民票は「本籍の記載されたもの」を交付してもらいましょう。書類のコピーは無効。必ず原本を用意すること。

(4)医療機関で「精神の機能の障害に関する医師の診断書」を作成してもらう

診断書の作成にあたって、医療機関・受診科はどこでもかまいません。近所の病院やクリニックへ「美容師免許の申請のため、精神の機能の障害に関する医師の診断書を発行してもらいたい」と問い合わせましょう。

受付窓口で同じ内容を伝えれば診断は可能ですが、事前に予約をしておいたほうがスムーズです。簡単な問診を5分程度おこない、診断書は即日発行してもらえます。費用は3,000円程度です。書類のコピーは無効になるため、必ず原本を保管しておくこと。

(5)必要書類を最終チェック

必要書類が揃ったら、最後に抜け漏れがないかチェックしましょう。

           

封筒に入れるもの

確認すること

免許申請書記入漏れがないか「免許申請書見本」をチェック
9,000円分の「収入印紙」免許申請書のおもて面に貼る
5,200円の「手数料払込受領証」免許申請書の裏面に貼る
戸籍抄本または住民票本籍の記載があるか。交付日が申請日の6ヶ月以内か
医師の診断書「精神の機能の障害について」の記載があるか

(6)必要書類を郵送する

必要書類が揃ったら、封筒に入れて、郵便局の窓口から簡易書留で郵送します。封筒のおもて面には送付先を、裏面には申請者の「氏名」「郵便番号」「住所」を記入しましょう。封筒の種類・大きさは自由。書類は折りたたんでもかまいません。

(送付先)

〒135-8507
東京都江東区有明3-7-26
公益財団法人 理容師美容師試験研修センター
新規登録 申請係

以上で美容師免許の申請が完了となります。

美容師免許は申請書がセンターに到着してから、審査・登録を経て約2〜4週間後、申請書に記入した住所に郵送されてきます。美容師免許は更新がないため、特別な事情がない限り一生有効です。

2-4.美容師国家試験の受験資格

美容師国家試験の受験資格を得るには、厚生労働大臣の指定する養成施設(美容学校)で「昼間課程(2年以上)」「夜間課程(2年以上)」「通信課程(3年以上)」のいずれかを修了する必要があります。

それぞれの特徴を知り、自分に合った課程を選択しましょう。

■昼間課程(2年以上)

必修科目1,410時間・選択必修科目600時間の計2,010時間を2年間で学ぶ。授業は平日週5日、朝9時頃〜夕方16時頃までおこなわれる。

美容・理容の総合知識・技術が得られ、国家試験に向けたカリキュラムが充実している。学費は2年間で200万円前後。体育祭や文化祭などの学内行事もおこなわれる。

■夜間課程(2年以上)

必修科目1,410時間・選択必修科目600時間の計2,010時間を2〜3年間で学ぶ。授業内容は昼間課程と変わらず、夕方16時頃から夜21時頃までおこなわれる。

美容・理容の総合知識・技術が得られ、国家試験に向けたカリキュラムが充実している。昼間課程に比べて学校行事は少ないが、2年間で160万円前後と学費が安いのが特徴。

■通信課程(3年以上)

必修科目590時間・選択必修科目10時間の計600時間を3年間で学ぶ。在宅学習と通学によるスクーリングによって美容師資格の取得を目指す。

美容室で美容補助として、受付や接客、掃除、施術準備などのサロンワークをしながら通信課程を受けている学生は、スクーリング時間の免除がある。学費は3年間で100万円前後。

2-5.美容師国家試験の内容

美容師国家試験は春期と秋期の年2回。公益財団法人理容師美容師試験研修センターによる、学科試験(筆記試験)と実地試験(実技試験)がおこなわれます。

春期は例年1月下旬~2月上旬に実技試験、3月上旬に筆記試験。秋期は例年7月下旬~8月上旬に実技試験、9月上旬に筆記試験となります。

■筆記試験(学科試験)の概要

<開催場所>

筆記試験は各都道府県の大学などで実施

<試験内容>

理容に関する4つの記述から「正しいもの・誤っているもの」を1つ選ぶマークシート方式。「関係法規・制度」「衛生管理」「保健」「香粧品化学」「文化論」「理容技術理論(美容技術理論)」「運営管理」の7課目から55問が出題される。解答時間は100分。

<合格条件>

「50問中正答率60%」かつ「すべての科目において無得点がないこと」。理容師免許所持により、美容技術理論のみの受験を申し出た者については、美容技術理論12問中7問以上の正答数である場合を合格とする。


■実地試験(実技試験)の概要

<開催場所>

実地試験は各都道府県の美容専門学校などで実施

<試験内容>

「基本技術」と「衛生上の取扱い」の2つを審査。

基本技術では、第1課題「カッティング(20分間)」と第2課題「ワインディング(25分間)」または「オールウェーブセッティング(25分間)」の工程・仕上がりを審査します。

第2課題がどちらになるかは、試験前に発表されます。

衛生上の取扱いでは、基本技術の試験中に、指や爪の手入れ、服装、ウィッグや器具やタオル類の取扱い・衛生状態、消毒方法などが的確であるかどうかを審査します。

<合格条件>

「カッティングの減点30点以下」「ワインディングまたはオールウェーブセッティングの減点30点以下」かつ「衛生上の取扱い試験の減点20点以下」

※試験内容は年によって異なります。詳細は「公益財団法人理容師美容師試験研修センター」のホームページを確認しましょう。

2-6.美容師国家試験の難易度・合格率

2020年2月1日〜3月1日に実施された「第41回美容師国家試験」の受験者数、合格者数、合格率と過去の受験者数・合格率の推移は以下のとおりです。

「第41回美容師国家試験」

合格発表:2020年3月31日(火)

受験者数:17,288人

合格者数:14,709人

合格率:85.1%

また、過去の受験者数と合格率の推移を見ると、「昼間課程」「夜間課程」の学生の受験者比率が高い春期の合格率が高く、「通信課程」の学生の受験者比率が高い秋期の合格率が低くなっていることがわかります。

理容師国家試験 受験者数と合格率の推移

公益財団法人理容師美容師試験研修センター「過去の試験実施状況」より

3.美容師の仕事

美容師画像

3-1.美容師の仕事内容

美容師の仕事は、美容師法にもとづき「パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされています。

現在では、美容サービスの幅も広がり、美容師はお客さんの容姿を美しくするために、さまざまな技術を磨いています。以下で主なものを紹介します。

シャンプー

頭皮にたまった老廃物や皮脂、髪の汚れを落とす。マッサージ効果をあたえる目的もある。ブラッシング、予洗い(よあらい:ぬるま湯で洗うこと)、シャンプー、すすぎ、トリートメント、すすぎ、タオルドライが基本手順

カッティング

ハサミ(シザーズ)やカミソリを使って髪を切る、美容師としての基礎技術。お客さんの頭の形、髪質、毛量、生えグセなどを考慮して、希望の髪型に仕上げることが求められる。国家試験の実技課題のひとつ

ワインディング

パーマをかけるために、さまざまな大きさ・形のロッドを髪に巻くこと。美容師国家試験の実技課題のひとつ

カラーリング

カラー剤を使用して、髪の毛を脱色・染色する。カラー剤を素早く・均一に塗布することが必要

ヘアトリートメント

ダメージを受けた頭皮や髪にトリートメント剤を塗り、ヘアスチーマーなどで浸透させることで、健康な状態に近づける

ヘアセッティング

カールやアップスタイルなどを作る「セッティング」とハンドドライヤーとブラシでおこなう「ブロードライ・スタイリング」に分かれる。セッティングの技術の基礎となる「オールウェーブ・セッティング」は国家試験の実技課題のひとつ

着付け

成人式や結婚式などに着用する和服の着付けをおこなう。サービスの提供にあたって着付けの資格は不要だが、「着付け技能士」の資格を取得する人もいる。美容室では「ヘアセッティング」と合わせて提供することがほとんど

まつ毛エクステンション
(まつエク)

専用の接着剤(グルー)を使って、地まつ毛に人工毛(エクステンション)をつけていき、ボリューム感を上げる。民間資格もあるが、施術をおこなうためには「美容師免許」が必要となる

ネイルケア

爪の長さや形を整え、塗料によってデザインを施す。主にマニキュア(ポリッシュ)を使ったネイルとジェルを使ったネイルに分かれる。ネイリストの民間資格もあるが、美容室でネイルをおこなうためには「美容師免許」が必要

フェイシャルエステ

クレンジング、洗顔、ハンドマッサージ、パックなどによりスキンケアや肌質改善をはかる。民間資格もあるが、美容室で施術をおこなうためには「美容師免許」が必要

覚えておきたいポイントとしては、まつ毛エクステンションの施術は場所を問わず、「美容師免許」が必要。

ネイルケア、フェイシャルエステは「美容室」で施術をおこなう場合は「美容師免許」が必要となる点です。

美容室(法的には美容所と呼ぶ)の開設にあたっては、お客さんに直接施術をおこなう全従業員の「美容師免許」の提示が必須となります。

仮に美容師免許を持たないアシスタントがマツエクやネイルの民間資格持っているからといって、それらの施術をおこなうことはできません。

■美容師と理容師の違い

美容師と理容師の違いは、職種の成り立ちや法律による定義の違いなどがありますが、仕事における一番大きな違いは「顔そり(シェービング)」です。

美容師は理容師と違い、お客さんに対して顔そり(シェービング)をおこなうことができません。ただし、メイクを施すために顔のうぶ毛を剃るなどの行為は、例外的に認められているということを覚えておきましょう。

(参考)


3-2.美容師の仕事道具

美容師の仕事道具

ここでは、美容師として働くときに使うことになる主な仕事道具を紹介します。それぞれの使用目的、役割を押さえておくと便利です。

ハサミ
(シザーズ)

基本的なカットで用いるベーシックタイプのほか、毛量を調節するセニングシザー(すきバサミ)、質感を調整するスライドシザーなどがある

シザーケース

数本のはさみや櫛、ブラシなどを収納する。腰に巻くベルトタイプや肩から掛けるショルダータイプなどがある。相場は2〜4万円程度

櫛(コーム)

カットのときに使うテーツコーム、カットのときに引き出す髪を取り分けたり、パーマのときにロッドに巻く髪を取り出したりするテールコームがある

櫛(コーム)

カットをするときに使う「カットコーム」、刈り上げをするときに使う「刈り込み櫛」など、用途によって使い分ける。値段は1,000円〜5,000円のものが一般的

ブラシ
(こて)

主にブロー用に使うデンマンブラシやパーマをかけた髪やカールをつけるときに使うロールブラシなどがある

ダッカール

カットやカラー、ヘアセットをするときに、髪をとめておくためのクリップ

3-3.美容師の働く場所(職場)

全国には25万店舗を超える美容室がありますが、その種類はさまざまです。ここでは美容師が働く主な場所(職場)を紹介します。

■トータルビューティーサロン

カットやカラー、パーマのほか、ヘアセット、着付け、メイク、まつ毛エクステンションなど幅広いサービスを提供す形態は会社組織のチェーン店や15席以上の大型美容室、4席以下の小型美容室(プライベートサロン)などに分かれる。美容師としてはさまざまな施術を経験でき、先輩スタイリストから学べるが、美容室間の競争も激しい。

■ヘアカット専門店

「短時間で髪を切りたい」「費用を安く抑えたい」というニーズに応えるかたちで「1,000円カット」などのサービスを提供する。客層は男性客や子供などが多いが、「前髪だけ整えたい」といった希望により女性客も利用する。施術内容は限定的だが、会社組織のチェーン店がほとんどのため、労働時間の管理が行き届いていたり、福利厚生が整っていたりする。

■ヘアカラー専門店

部分染めや根元染め、全体染めまで、カラーリングを専門に提供する。「ヘアカラリスト検定」や「パーソナルカラリスト検定」などの民間資格があるが、店舗でカラーリストとして働くためには、必ず「美容師免許」が必要となる。

■病院、介護施設など

高齢者や障害者が生活している病院、介護施設、自宅などを訪問して、「福祉美容師/訪問美容師」としてカットやパーマ、カラーリングなどをおこないます。

NPO法人日本理美容福祉協会は、高齢者の精神面のケアを担う美容師のニーズを受けて、国家試験に合格した理容師または美容師を対象とした「福祉理美容士」の認定資格を設けています。

3-4.美容師の働き方


■労働時間・定休日

地域や立地条件により異なりますが、厚生労働省が2017年度に発表した 「生活衛生関係営業経営実態調査」の結果によると、1日の営業時間は「9~10時間未満」が最も多く、9割以上の施設で営業時間9時間以上になっていることがわかります。また1ヶ月の平均定休日数は5.5日となっています。

とくにアシスタント期間は、営業終了後や休日を利用した技術練習をおこなうこともあり、長時間勤務となり、休日も少なくなる傾向があるようです。

3-5.美容師のキャリア


■アシスタント

美容室に就職した人は、まずアシスタントとして一人前のスタイリストを目指します。

アシスタントの主な仕事内容は接客、受付・会計、道具の準備・洗浄、清掃やシャンプーなどの「店内業務」とマッサージ、カラー・パーマ補助など「スタイリストのサポート業務」となります。

シャンプー、マッサージ、カラー・パーマ補助は、お客さんに直接触れることになるため、店舗でおこなわれるテストに合格しなければならない場合がほとんどです。

とくにシャンプーテストは「美容師アシスタントの第一関門」とも言われており、厳しい基準が設けられていることから、2回、3回と挑戦しても合格できない人もいます。

■スタイリスト

スタイリストはシャンプー、カット、カラー、パーマ、ヘアセットなど、店舗のメニューをお客さんに1人でおこなうことができます。

アシスタント期間を経て、スタイリストデビューするまでには平均2〜3年かかると言われています。

店舗によっては、アシスタントの次にJr.スタイリスト(ジュニアスタイリスト)、スタイリスト、トップスタイリストと細かく役職を分けている場合もあり、習熟度や経験、テストの結果、売上などの基準によって昇格します。

■サロンオーナー(独立開業)

美容室でスタイリストとして経験を積み、独立開業する美容師もいます。独立開業には「理想の店舗・サービスを追求できる」「売上が増えた分だけ収入につながる」といった利点があります。

一方、独立開業にあたっては、物件の決定や内装工事、役所への届出、集客など、店舗運営以外の仕事も1人でおこなう必要があり、オープンしてから経営が軌道に乗るまでには時間がかかります。

そのため、美容室で働きながら開業準備をしておく計画性やお客さんを少しずつ増やしていく忍耐力などが求められるでしょう。

タイミングは人によって異なりますが、30歳前後で独立開業を考えたり、実行に移したりする美容師が多いようです。

■フリーランス美容師(面貸し)

フリーランスの美容師の中には、個人事業主として美容室のオーナーと業務委託契約を結び、席をレンタルして仕事する人もいます。

これを「面貸し(めんがし)」や「ミラーレンタル」と呼び、美容室のオーナーはお客さんの入らない空いた時間や余っている席を貸すことで場所代や売上の一部が得られる、フリーランスの美容師は「勤務時間を自分で決められる」「店舗を持たずに働くことができる」といったメリットがあります。

■派遣美容師

派遣美容師は、特定の美容室に就職するのではなく、派遣会社に働きたい時間や曜日、経験などに応じた美容室を紹介してもらって働きます。短期契約が可能であったり、労務管理を派遣元の会社がおこなってくれたり、フリーランス美容師に比べて収入が安定するといったメリットがあります。

3-6.美容師免許が活かせる仕事


■ヘアカラーリスト

美容室またはカラー専門店で働きます。提供するメニューは、おしゃれ染めや白髪染めなど幅広い。施術するには「美容師免許」が必要。

■アイリスト

アイリストは、まつ毛エクステンションを専門におこなう。人工まつ毛の接着は美容行為とみなされており、施術するには「美容師免許」が必要。

■メイクアップアーティスト

結婚式や成人式などの特別な日に、ヘアメイクをおこなう。テレビや雑誌の撮影現場でモデルやタレントのヘアメイクを担当する売れっ子もいる。美容師免許が必要。高齢者や病気の患者さんにメイクを施すことで心をケアをする「メイクセラピー」という分野もある。

■エステティシャン

全身のトリートメントやケアをおこなう専門家。必要な資格はとくにないが、美容学校ではエステティックの基本や衛生管理、皮膚科学などを学ぶため、美容師免許を取得していると就職活動で役立つ。

■ネイリスト

マニキュアやジェルを使用して、ネイルのケアや装飾をおこなう。ネイリストとして働く人は、民間資格を取得してサロンに就職するのが一般的。必要な資格はとくにないが、施術の差別化をはかるサロンも多く、まつ毛エクステンションをおこなえる美容師は優遇される傾向にある。

■着付師

着物などの和装やドレスなどの洋装の着付けをおこなう。職場は美容院や写真館、呉服屋、結婚式場など。成人式や卒業式シーズンなどの繁忙期限定で着付けをおこなう人もいる。特別な資格は必要ないが、「着付け技能士」の国家資格保持者やヘアカット・ヘアセットをおこなえる美容師は優遇される傾向にある。

4.美容師の給料

2020年4月時点でジョブメドレーに掲載されている美容師(常勤)の平均給料は次のとおりでした。美容師の給料の一例として参考にしてください。(※各種手当や残業代、賞与などは含みません)

職種名 平均給料(下限) 平均給料(上限)
スタイリスト 月給 22.1万円 月給 31.3万円
アシスタント 月給 18.0万円 月給 21.3万円

スタイリストとしてデビューするまでのアシスタント期間は、年齢性別問わず給料にそれほど差はありません。

スタイリストになってからは、経験や能力、売上によって差が出てきます。多くの店舗では月給制をとっていますが、基本給に加算するかたちで歩合給を支払う店舗もあるようです。

5.美容師の将来性

美容師画像

5-1.美容室数・従業美容師数は増加傾向

厚生労働省が2019年10月31日に発表した「平成30年度衛生行政報告例」によると、2018年度の美容室数は251,140店舗となり、前年より3,562店舗増加

2018年度の従業美容師数は533,814人となり、前年より10,271人増加。2009〜2018年度の10年間の推移を見ても、それぞれ増加傾向にあることがわかります。

美容室数と従業美容師数の推移

厚生労働省「衛生行政報告例:結果の概要」より

美容室・美容師が増加する一方、美容業界は「店舗過剰」による競争が激しくなっており、経営者の多くが「客数の減少」に危機感を抱いていると回答しています。

美容室の経営上の問題点

出典:厚生労働省「美容業の実態と経営改善の方策(抄)」

5-2.総合美容サービスが求められる時代へ

美容業界の動向をみると、決して景気が良いとは言い難いものの、だからといって美容師の将来性がないということにはなりません。

野村総合研究所は2015年に国内601種類の職業について、人工知能やロボット等で代替される確率についてレポートを発表しています。

(参考)


これによると、事務職やオペレーターをはじめ、日本の労働人口の約49%が就いている職業は機械による代替可能が高いとの試算が出る一方、美容師やネイリスト、メイクアップアーティストなどは代替可能性が低い職業として挙げられています。

これはあくまで参考ではありますが、どれだけ機械化が進んだとしても、美容師の仕事の定義でもある「人の容姿を美しくすること」の需要はなくならないことは確かです。

そのため、メイクアップやエステティックを含む総合美容サービスを学んだり、高齢者向けの福祉美容・訪問美容の分野の経験を積んだり、時代と顧客ニーズの変化に応じた努力をおこなうことで、今後も美容師は活躍が期待できるといえるでしょう。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop