1. 厚生労働省が意見募集開始! 充実の保育制度について考える

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/05/25
厚生労働省が意見募集開始! 充実の保育制度について考える

あなたは現在の保育制度に満足していますか?医療介護業界ならではの問題点とは何でしょう。厚生労働省が意見募集を開始した今、あなたならどんな保育制度を望みますか?

医療介護業界にはどんな保育制度が必要?

子育て中の方が転職・復職活動をする場合、多くの方が「子どもの預け先をどうするか」で悩まれるのではないでしょうか。昨今ニュースなどでも取り上げられたように、待機児童問題に対する抗議集会や署名運動は活発になっています。また、「子どもがいるので理解のある職場でないと働けない」という声が多いのも実状です。中でも医療介護業界は、保育ニーズが一層高い職種。どのような制度があれば、医療介護業界に携わる人にとって「制度が充実している」と思えるのでしょうか。

不規則勤務に対応できる保育制度

医療介護業界で働く方が子どもを預ける際、単に保育施設を増やすだけではそのニーズは補えません。医療介護業界では、夜勤や土日祝日の勤務といった不規則勤務をこなす場合も多いからです。けれども、夜間や日・祝日も保育可能な認可園は限られています。そのため、働く意思はあっても子どもの預け先が確保できず、転職・復職が叶わないケースもあります。

そんな問題を解消するために、「事業所内保育施設」を併設する事業所もあります。これならお迎え時間を気にすることがありませんね。ただ、事業所内保育を行っている事業者は増えてきてはいるものの、まだそこまで多いわけではありません。

保育制度充実のために必要な「保育士」への支援

厚生労働省の「保育現場の現状と課題」によると、保育士に求められているのは「安心安全のきめ細かな質の高い保育の提供」。さらに、障がいを持つ子どもの受け入れ増加や食育の推進など、より広範囲な専門知識・技術も求められています。一方で、多忙な業務内容にもかかわらず、保育士は賃金が安く離職率が高いのも問題になっています。

保育制度を充実させるためには、保育士の労働環境を改善して人材確保に努めることが大切です。保育士の給与水準や処遇、配置基準の改善。そして職員の専門性・資質向上のための施策の推進を図り、保育施設で活躍する保育士を増やす。そうすれば、不規則勤務に携わる方々が子どもを預けられる保育施設も充実していきそうです。

厚生労動省が意見募集「保育制度全般の改善について」

保育制度の充実は国や自治体も急いでおり、このたび厚生労働省が国民に対して意見の募集を始めました。現在募集している意見の内容は大きく分けて「保育制度の現状」と「保育制度全般について国への要望や改善すべきと思われる点」。厚生労働省のホームページにアンケートフォームが用意されているので、簡単に意見を送信することができます。あなたが普段思っていること、困っていることを国に届けてみませんか?あなたの意見が国の制度を変えるかもしれません。

読者の方へのメッセージ

皆さんの声を国に届けるチャンス!

保育受け入れ先の充実が急がれるのはもちろんですが、そのために内容が粗雑になったり保育士さんが疲弊するような状況になる事は許されません。このアンケートによって問題点やその優先順位がより明確になり、状況改善にしっかり反映される事を期待します。

名原史織名原史織(看護師・鍼灸師)2016/06/29

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop