1. ドラッグストアの求人で見かけるOTCや調剤併設型ってどういう意味?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/10/16
ドラッグストアの求人で見かけるOTCや調剤併設型ってどういう意味?

ドラッグストアの求人を見ていると、「OTC」や「調剤併設型」といった言葉がよく出てきます。今回はこれらの言葉の意味や、そのような店舗ではどのような仕事が求められるのかについて、解説していきます。

「OTC」って、どういう意味なの?

OTCとは、ドラッグストアや薬局、薬店などで販売されているOTC医薬品のことを指します。OTCは「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略で、以前法律上では一般用医薬品と言われていたものです。2017年からはセルフメディケーション税制が導入され、特定成分を含んだOTC医薬品は医療費控除の対象となります。このため、今後OTC医薬品の売り上げ上昇が期待されており、一般の人からのOTC医薬品に対する注目も集まっていくと考えられています。

「調剤併設型」のドラッグストアの特徴は?

調剤併設型のドラッグストアとは、医療機関からの処方箋を取り扱う調剤薬局と、OTC医薬品や健康食品などを取り扱うドラッグストアが併設されている業態の店舗で、ここ数年で増加してきた新しいドラッグストアの形です。調剤を待つ時間に買い物ができたり、ドラッグストアの営業時間に合わせて、夜間や土日も処方箋を受け付けている店舗もあるため、利用者にとっては便利な側面があります。地域のニーズに応えながら、徐々に調剤併設型の店舗を増やしている企業も少なくありません。

調剤併設型のドラッグストアで求められる仕事は?

調剤併設型のドラッグストアでは、調剤のみの薬局とは求められる仕事内容がやや異なってきます。ドラッグストアでは、OTC医薬品や健康食品などさまざまなものが販売されており、薬剤師はそれらに対する知識も必要となります。調剤併設型のドラッグストアでは、医療用医薬品も市販のものも同じ場所で購入できるため、それらについて利用者から尋ねられることもあるためです。また、登録販売者も、医療用医薬品について尋ねられる可能性があるため、薬剤師とうまく連携をしながら対応しなければなりません。今後ますます増えてくることが考えられる調剤併設型の店舗。利用者のニーズに合わせた知識や対応が求められてくると言えるでしょう。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop