調剤薬局とは? 分業形態や仕事の流れ、資格、給料について解説

医薬分業が進み町中に数多く見られるようになった調剤薬局について、分業形態の種類や仕事の流れ、働くために必要な資格、給料などについて解説します。

調剤薬局で仕事をする薬剤師

1. 調剤薬局とは

保険調剤を取り扱える薬局(保険薬局)のこと

保険調剤を取り扱える薬局(保険薬局)のことを一般的に調剤薬局と呼んでいます。

町でよく見かける「保険薬局」「処方箋受付」と看板やのぼりを立てている薬局がこれにあたり、保険薬局に医療機関で交付された処方箋を提出すると、健康保険の療養の給付の一環として、患者は原則3割の自己負担で薬の提供を受けられます

保険調剤とは

薬局と保険薬局(調剤薬局)の違い

薬局は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下、薬機法)」の第2条で、薬剤師が次の業務をおこなう場所と定義されています。

  1. 販売や授与を目的とした調剤業務
  2. 医薬品の適正な使用に必要な情報の提供
  3. 薬学的知見に基づく指導業務

つまり、保険調剤に対応しているかどうかを問わず、薬剤師が薬の調剤・情報提供・指導をおこなう場所を広く薬局と呼ぶのです。

そのほか、薬局と保険薬局(調剤薬局)の違いを一覧にすると次のようになります。

 

薬局

保険薬局(調剤薬局)

根拠法

薬機法

健康保険法

解説

都道府県知事の許可

厚生労働大臣の指定

常駐する薬剤師

薬剤師

保険薬剤師

業務

薬の調剤・情報提供・指導

療養の給付(保険調剤)

tips|漢方薬局、零売薬局とは?

薬局の多くが調剤薬局(保険薬局)ですが、処方箋を受け付けていない薬局も存在しています。

代表的なのが漢方薬局零売(れいばい)薬局です。漢方薬局には漢方薬が、零売薬局には処方箋なしで購入できる医療用医薬品が豊富に取り揃えられています。いずれの場合も薬剤師が体質や症状について詳しく話を聞いたうえで、薬剤師の判断で薬を販売しますが、健康保険適用外のため薬代は全額自己負担となります。

ただし、漢方薬局や零売薬局の中にも処方箋を受け付けている薬局はありますので、保険薬局や漢方薬局、零売薬局はそれぞれ薬局で提供しているサービスを表す言葉の一つと捉えられます。

2. 調剤薬局の分業形態の種類

調剤薬局は分業形態によって点分業面分業に分類できます。医療機関の近くにある点分業が全体の4分の3を占め、それ以外の面分業は残りの4分の1となっています。

点分業(門前薬局・門内薬局)

特定の医療機関からの処方箋を中心に応需する分業形態を点分業と呼びます。

医薬分業の推進により医療機関の敷地外──文字どおり“門前”に開設されてきた門前薬局ですが、2016年の規制緩和により“敷地内”に開設される門内薬局も登場しています。

処方箋を持ち込む患者さんにとっては医療機関を受診したあとすぐに薬を受け取れるため利便性が高く、薬局にとっては処方箋を応需する診療科が決まっていたほうが薬の在庫管理がしやすいというメリットがあります。

さらに、どの医療機関から応需するかによってさらに次のように細分化できます。

〈クリニック〉

調剤薬局全体の半数を占めるのがクリニックの近くに開設された調剤薬局で、特定の診療科に関する専門知識を身につけることができます薬局の開局日や開局時間は処方箋を応需するクリニックに左右されるため、土日や夜遅くまで働かなくてはならないこともあります。売上についても同様で「院長が引退することになった」といった理由で突然の閉局に見舞われることもあります。

 

〈病院〉

総合病院の近くに開設された調剤薬局で、幅広い診療科に関する知識が求められます。高度医療を扱う特定機能病院の門前・門内薬局の場合、特殊な症例を学べることもあります。また、一日に応需する処方箋の枚数が多く、患者さんを待たせないよう迅速に、かつ正確に業務をこなす必要があります。プレッシャーの大きい勤務環境ですが、病院の休診日に合わせて日曜日や祝日が休みとなることが多いというメリットもあります。

 

〈医療モール〉

内科、産婦人科、皮膚科、眼科など診療科の異なる複数のクリニックが一ヶ所に集まった医療モール(医療ビル、医療ビレッジ)に開設された調剤薬局です。患者さんが複数の診療科を受診していてもそれが医療モール内のクリニックであれば、薬歴を把握しやすいというメリットがあります。

面分業(かかりつけ薬局)

医療機関を限定せずに広く処方箋を応需する分業形態を、点分業に対して面分業と呼びます。

駅前や住宅街などにあり、周辺に暮らす患者さんが持参するさまざまな医療機関が交付した処方箋に応需しています。

とくに、どの医療機関を受診しても処方箋を提出する薬局が一つに決まっている場合、その薬局をかかりつけ薬局、担当する薬剤師をかかりつけ薬剤師と呼びます。患者さんの服用薬に関する情報を一元的・継続的に把握できることから、患者さんにより安全に、効果的に薬を使ってもらえます。

具体的には次のようなことが可能になると期待されています。

  • 薬の重複投与(飲み合わせ)による相互作用の有無の確認
  • 薬の投与による効果や副作用の継続的な確認
  • 薬の減量と残薬の解消
  • 在宅医療での行き届いた薬学的管理

かかりつけ薬局は医薬分業の原点とされ、厚生労働省も「患者本意の医薬分業」の実現に向けて、調剤薬局のかかりつけ薬局化を推進しています(参考:厚生労働省)。

3. 調剤薬局の仕事(保険調剤)の流れ

調剤薬局では患者さんに安全に薬を服用してもらうために、次のような手順で保険調剤をおこないます。

保険調剤の流れ

処方箋受付

患者さんから処方箋と保険証、お薬手帳を預かり、内容を確認します。アレルギーや副作用歴の有無、既往歴や併用薬などについて把握するために、アンケート(質問票)への回答を依頼します。

処方監査・疑義照会

調剤前に処方箋の内容を監査します。処方箋の内容について確認したいことがある場合は、発行した医師に問い合わせることもあります。

薬の調剤

処方箋の内容に従い薬を準備します。複数の薬が処方されている場合、飲み忘れを防ぐために一回に服用する薬を一つの袋にまとめることもあります(一包化)。

最終監査

調剤ミスを防ぐため、調剤を担当した薬剤師とは別の薬剤師が最終チェックをおこないます。

服薬指導

症状について確認しながら、薬の効能や副作用、服用方法、保管方法などについて説明します。服薬指導は薬による治療効果を高めるために重要な業務です。

薬歴管理

薬の調剤内容や指導内容を薬歴簿に記録します。疑義照会をおこなった場合はその問い合わせ内容と結果についても明記します。薬歴は一定期間保管することが義務付けられています。

4. 調剤薬局で働く

調剤薬局で働くために必要な資格や仕事内容、賃金相場について解説します。

薬剤師

薬剤師は、薬の専門家として調剤や監査、服薬指導、薬歴管理をおこないます。

〈必要な資格〉

薬剤師(厚生労働大臣の登録を受けた保険薬剤師

 

〈仕事内容〉

処方監査/疑義照会/調剤/最終監査/服薬指導/薬歴管理/医薬品の管理など

 

〈パート・アルバイトの時給相場〉

下限平均2,018円 〜 上限平均2,555円(総平均2,171円)*

 

〈正職員の月給相場〉

下限平均30万9,261円 〜 上限平均44万3,308円(総平均34万6,234円)*

 

*ジョブメドレーに掲載中の薬剤師(サービス形態の特徴が調剤薬局)の求人から算出(2021年9月時点)。残業手当など月によって支給額が変動する手当は集計対象外。

調剤薬局の薬剤師の求人を探す

調剤事務

調剤事務は、受付や会計、医薬品の発注・検品・入庫など、薬剤師の仕事をサポートします。

〈必要な資格〉

とくになし(業務に薬の配達が含まれる場合は運転免許を求められることも)

 

〈仕事内容〉

処方箋の受付/アンケートの記入依頼/ジェネリック医薬品の案内/調剤補助/会計/医薬品や備品の在庫管理と発注/納品された医薬品の検品と入庫/薬の配達/レセプト(調剤報酬請求)業務など

 

〈パート・アルバイトの時給相場〉

下限平均987円 〜 上限平均1,102円(総平均1,030円)*

 

〈正職員の月給相場〉

下限平均17万1,194円 〜 上限平均20万6,947円(総平均18万4,881円)*

 

*ジョブメドレーに掲載中の調剤事務の求人から算出(2021年9月時点)。残業手当など月によって支給額が変動する手当は集計対象外。

調剤薬局の調剤事務の求人を探す

5. 調剤薬局の展望

1990年代以降、調剤報酬の改訂などにより医薬分業化が進んだ結果、日本の医薬分業率(院外処方率)は70%を、調剤薬局の数は6万を超えました

医薬分業の普及とともに処方箋枚数、薬剤師数、薬局数は増加
参考:処方箋枚数と医薬分業率は日本薬剤師会「医薬分業進捗状況(保険調剤の動向)」、薬剤師数は厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師調査」、薬局数は厚生労働省「衛生行政報告例」より作成

その一方で、日本の調剤薬局は点分業が多いことから、患者さんの服薬情報を一元的・継続的に把握することが難しく、本来あるべき「患者本意の医薬分業」とは乖離があると指摘されてきました。

これを受けて2015年に厚生労働省は、10年後の2025年までにすべての薬局がかかりつけ薬局としての機能を持ち、地域包括ケアの一翼を担うことを目標とする「患者のための薬局ビジョン」を発表しました。

かかりつけ薬局化が進むことで、調剤薬局の仕事も対物業務から対人業務のウェイトが高くなり、地域の医療機関と連携して在宅で療養する患者さんのもとへ直接訪問して薬学管理をおこなう訪問業務のニーズも増えそうです。

全国的に求人が多く、サービスも健康保険制度に基づいて提供されることから、経験者であれば全国場所を問わず就業しやすいのが調剤薬局で働く魅力でした。さらに、これからの調剤薬局は「患者さんの近くで仕事がしたい」と考えている方にとって、よりやりがいを感じられる職場へと変わっていきそうです。

調剤薬局の求人を探す
薬剤師調剤事務

プロフィール

求人サイト「ジョブメドレー」の運営で得た知見に基づいて、医療・福祉・美容の「働く」についての記事を執筆しています。

関連リンク

【2022年最新】薬剤師とは? なり方、仕事内容、勤務先、給料について解説!

【2022年最新】薬剤師とは? なり方、仕事内容、勤務先、給料に...

薬剤師は身近な薬の専門家として、処方薬の調剤や服薬指導、薬歴管理だけでなく、広く医薬品の管理や販売にも携わります。今回は薬剤師になる方法や仕事内容、勤務先、働き方、給料について解説します。

職種・資格を知る 公開日:2021/10/12 更新日:2022/01/18

【2022年最新版】調剤事務とは? 仕事内容、資格、給料について解説!

【2022年最新版】調剤事務とは? 仕事内容、資格、給料について...

今やその数はコンビニよりも多いと言われている調剤薬局。今回はそこで働く調剤事務の詳しい仕事内容や民間資格、賃金相場について解説します。

職種・資格を知る 公開日:2021/09/24 更新日:2022/01/07

在宅薬剤師による訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導とは? 制度や仕事内容・給料などを解説!

在宅薬剤師による訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導とは? 制度や...

高齢化が進み、自宅や施設で療養生活を送る高齢者が増えている昨今。在宅での医薬品に関する問題を解決する「在宅薬剤師」の活躍が期待されています。在宅訪問サービスの制度内容や利用状況、在宅薬剤師の働き...

職種・資格を知る 公開日:2021/06/28 更新日:2022/01/07

【在宅医療・介護の仕事】世間話やバイタルチェックも大切。在宅薬剤師の働き方とは?

【在宅医療・介護の仕事】世間話やバイタルチェックも大切。在宅薬剤...

高齢化が進み、医療機関や介護施設から“在宅”へとケアの場を移す動きが起きている昨今。在宅医療や訪問介護の実態はどうなっているのでしょうか? 今回は、病院薬剤師から在宅薬剤師へと転身したTさんに、...

キャリア・転職インタビュー 公開日:2021/04/23 更新日:2022/01/07

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 事業所からスカウトが届く

  2. 2 希望に合った求人が届く

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

LINEで相談する

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

薬剤師の新着求人

職種とキーワードで求人を検索

Btn pagetop