1. ガイドヘルパーの仕事内容やなり方ってどんなもの?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2018/02/02
ガイドヘルパーの仕事内容やなり方ってどんなもの?

ガイドヘルパーとはどんな仕事をする人かご存知でしょうか?ここでは、障害のある方の外出を支援するガイドヘルパーの仕事内容や、なり方をご紹介します。

ガイドヘルパーの仕事内容とはどんなもの?

ガイドヘルパーとは、障害のある方の外出介助をする職種です。移動介護従業者や外出介護員と呼ばれることもあります。ガイドヘルパーの主な仕事内容は、障害があり一人で移動するのが困難な方の買い物や、通勤・通学、散歩などに付き添い、外出をサポートすること。日常生活に密接な「移動」を手助けする重要な役割を担っています。では、そんなガイドヘルパーには、どのようにすればなれるのでしょうか?

ガイドヘルパーになるにはどうすればいいの?

移動を安心かつ安全にサポートできるよう、ガイドヘルパーは一定の知識やサポート技術を身につける必要があります。これらは、研修を通して学んでいき、研修修了時に都道府県よりガイドヘルパーの資格が与えられます。また、視覚障害や知的障害、全身性障害など、障害の種類によって学ぶべき内容は異なるので、研修課程は複数あります。期間は、いずれの研修も約3日間(16~20時間程度)です。

すでにホームヘルパーや介護福祉士などの資格を持っている方は、研修が免除となる場合もあります。市町村によって研修受講料の助成制度もあるので、お住まいの市区町村のホームページなどで詳細を確認してみましょう。

ガイドヘルパーになって障害者の外出をサポートしよう!

ガイドヘルパーは、仕事内容が外出介助のため、男女や年齢を問わずフットワークの軽い方には向いているでしょう。また、高齢化に伴い障害のある高齢者は今後増加していく見込みのため、将来性もあります。ガイドヘルパーの資格取得に対する市区町村の支援が手厚くなっている今こそ、ガイドヘルパーになるチャンスとも言えます。ガイドヘルパーに興味を持った方は、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop