1. 医療ソーシャルワーカーの転職は医療・介護職の経験を生かすことがポイント

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2016/12/22
医療ソーシャルワーカーの転職は医療・介護職の経験を生かすことがポイント

医療を取り巻く環境が複雑化しているなか、医療ソーシャルワーカーになって患者さまやご家族を支援したいという方も多いのではないでしょうか?医療ソーシャルワーカーに転職するにはどのような経験やスキルが必要なのかをご紹介します。

実は医療ソーシャルワーカーの資格はない!?

医療ソーシャルワーカーとは、病気になった患者さまやそのご家族を社会福祉の立場からサポートする人のことを指します。病気になると、経済的にも心理的にも悩みや課題がたくさん出てくるもの。医療と福祉の連携強化が求められるなか、医療ソーシャルワーカーの存在意義はますます高まっていると言えるでしょう。それでは、医療ソーシャルワーカーになるためには、どのような資格が必要なのでしょうか?実は、医療ソーシャルワーカーになるための特定の資格はないのです。ただし、有利な資格や必要なスキルはありますので、転職希望の方はぜひ押さえておきましょう。

社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持つ人は有利

医療ソーシャルワーカーになるために、有利な資格とは何でしょうか?それはジョブメドレーで実際の求人情報を見てみると、よくわかります。医療ソーシャルワーカーの求人では、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を必須としているものが多いのです。また、医療ソーシャルワーカーとしての職務経験や相談業務経験を持つ人に限定しているものもあります。反対に、未経験者OKの求人は少ないのが現状です。これらの資格や経験を持つ方は、面接などでぜひ積極的にアピールしましょう。未経験者の方は、看護師や介護職など、現場に近い職種から医療ソーシャルワーカーを目指すのが近道です。

現在就業中の医療ソーシャルワーカーの転職のコツとは?

患者さまや家族に寄り添うことができる医療ソーシャルワーカーの役割は、今後ますます重要性を増すでしょう。すでに医療ソーシャルワーカーとして就業中の方のなかにも、より活躍できる職場に転職したいという方もいるかもしれません。医療ソーシャルワーカーの仕事は、一人では完結しません。勤務先の病院や施設のサポートや、医師や看護師などの医療チームの理解が不可欠です。転職の際には、勤務先のバックアップ体制や、地域の福祉機関などとの連携状況についてしっかり確認しましょう。

未経験から医療ソーシャルワーカーに転職するには?

未経験者の方が、すぐに医療ソーシャルワーカーになるのは少し難しいでしょう。ただし、可能性がないわけではありません。医療ソーシャルワーカーを増やしたいと考えている病院や施設は多いので、他の職種からのステップアップの道を開いているところがあるからです。医療ソーシャルワーカーには、医療や社会福祉に対する専門知識や経験が必要です。まずは看護師や介護職など現場に近い職種から医療ソーシャルワーカーを目指しましょう。患者さまや家族の相談にのることで、医療ソーシャルワーカーとして必要なスキルも身についていきます。そのうえで、ステップアップをしていくのが近道です。

ブランクのある医療ソーシャルワーカーの復職のポイントとは?

ブランクのある医療ソーシャルワーカーの方に対する期待は、今後ますます高まるでしょう。ブランクがあったとしても、これまでの経験やスキルは財産だからです。復職する際に押さえておきたいのは、勤務条件です。医療ソーシャルワーカーは、患者さまやご家族の要望に応じて動くことが多いため、不規則な勤務状況になることもあります。特に小さなお子さんがいらっしゃる方などは、夜遅くの勤務や土日勤務を避けるなど、無理のない勤務体制を整えることが重要です。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop