【歯科衛生士の面接対策】よく聞かれる14の質問と回答例、見られるポイントを解説

歯科衛生士の面接でよく聞かれる質問と回答例を解説! 面接官がその質問から何を探っているかの意図をつかめば、答えるコツがわかります。面接官が見ているポイントと併せてチェックしましょう。

【歯科衛生士の面接対策】よく聞かれる14の質問と回答例、見られるポイントを解説

目次

1.歯科衛生士の面接で見られるポイント4つ

面接では受け答えだけでなく、応募者の立ち居振る舞いも考慮して総合的に合否が判断されます。歯科衛生士の面接で採用担当者が見ているのは主に次のような点です。

コミュニケーション能力

自分の伝えたい内容をわかりやすく的確にまとめる表現力は、スタッフ同士や患者さまとの関係を築くうえで欠かせない能力です。質問に答える際は結論から話し、会話のキャッチボールを意識しましょう。

身だしなみ・清潔感

歯科衛生士の身なりはその歯科医院のイメージにも直結するため、清潔感のある身だしなみが求められます。面接の場であっても勤務時と同様に爪は短く清潔にし、髪が長い場合は後ろで一つにまとめましょう。メイクやアクセサリーも控えめにしたほうが望ましいです。

観察力

観察力は患者の状況や感情の変化に気づいて対応するために必要なスキルであり、歯科医師の診療補助やそのほかの院内業務でも求められます。面接の最中や前後の時間でも周囲に気を配ることを意識しましょう。観察力に関する具体的なエピソードを話すのもおすすめです。

仕事に対する意欲

面接を通して、仕事に対する意欲を伝えましょう。向上心のある歯科衛生士は、業務上の課題に対しても前向きな姿勢で取り組むだろうと捉えられ、評価につながりやすいです。

面接の流れやマナーについて詳しくはこちらで解説しています
【面接マナー】直前でも間に合う! 受付前から退室後までの注意点をイラストでわかりやすく解説

2.歯科衛生士の面接で聞かれる質問・回答例

面接のイメージ

ここからは、歯科衛生士の面接でよく聞かれる質問とその回答例を紹介します。前提として、面接官が聞きたいのは立派な模範回答ではなく、あなたの考えや人となりがわかる回答です。以下の例を参考に、あなたらしさが伝わる受け答えを心がけてみてください。

自己紹介・自己PRに関する質問

Q「自己紹介をお願いします」

自分の名前と経歴、志望理由、締めのあいさつを簡潔に伝えます。最初の質問なのであまり長くは話さず、30秒〜1分程度を目安にまとめましょう

回答例「◯◯◯◯(自分の名前)と申します。私は新卒で歯科衛生士となり、一般歯科のクリニックで◯年間、別の歯科クリニックで◯年間勤めてきました。今後のキャリアを見据え、より専門的なスキルを身につけるために、審美歯科に力を入れている御院に応募させていただきました。本日はよろしくお願いいたします」

Q「自分自身をどのような性格だと思いますか」
Q「長所と短所を教えてください」

この質問では「客観的に自分をどう捉えているか」が見られます。長所は応募先の職場でどのように活かせるかを伝えます。短所の伝え方には注意が必要で、悪い点をそのまま伝えて終わるのは禁物です。裏を返せば長所とも捉えられる内容を選んだり、克服のために取り組んだエピソードを紹介したりするなど、ポジティブな内容に変換するようにしましょう。

回答例「私はどのようなタイプの人とも別け隔てなく接することが得意です。スタッフ同士のやり取りはもちろん、さまざまな患者さまとの会話を楽しみながら、信頼関係を築いています。そのため、診療もとてもスムーズに進めることができます。不得意なこととしては、前職はデジタル化が進んでいなかったため、パソコンの扱いに慣れていません。今後は早めに出勤して操作に慣れるよう努力したいと考えています」

こちらもおすすめ!
【例文あり】面接で聞かれる短所を長所に言い換えるコツ100選

志望動機に関する質問

Q「志望動機を教えてください」

志望動機は応募先の法人理念やサービス内容、独自性などを踏まえたうえで「この職場だからこそ働きたい」という気持ちを伝えることが大切です。さらにこれまでの経験やスキルをもとに、その職場でどのような貢献ができるのか伝えると良いでしょう。

回答例「歯列や咬合の悩みを抱える方に、治療を通じて自信を取り戻してほしいと考えています。御院は矯正歯科専門の歯科医院としてカウンセリングや最新技術の導入に積極的なため、矯正歯科の分野でより専門的な経験を積むことができると思い志望しました。私自身、幼いころから矯正をしてきたため、患者さまの悩みに寄り添った診療のサポートには自信があります。これまでの経験を活かし、患者さまが笑顔になれるサポートをしていきたいです」

Q「入職後に取り組みたいことはありますか」

その職場で何を成し遂げどのような貢献ができるのか、また本人の希望を叶えられるのかを確認する質問です。自由に答えてOKですが、事前にしっかりと応募先の組織や業務内容について調べたうえで、現実的な内容を答えましょう。とくに未経験者の場合、下調べが不足していると、実際の業務とは異なる的外れな回答になってしまうことがあります。

回答例「予防歯科の重要性をより理解していただくために、患者さま一人ひとりに合った予防プログラムを作成したいと考えています。そのためには歯科保健指導や歯科予防処置を担当しているスタッフの協力が不可欠なため、チーム内で連携しながら進めていきたいと考えています」

Q「前職の退職理由/転職理由を教えてください」

中途採用の人が必ずと言っていいほど聞かれる質問です。「職場の人間関係が悪かった」「残業が多く、給料が少なかった」など前職の悪いところを正直に伝えてしまうと、「思うようにいかないときにまた辞めてしまうのでは」と思われてしまいます。たとえネガティブな原因だったとしても、転職理由は「自分のやりたいことを実現するため」「スキルアップのため」など、前向きな理由を伝えるようにしましょう。

回答例「前職はアットホームな雰囲気で働きやすい職場でしたが、設備面の整備が進んでおらず、新しい技術が身につかない危機感から転職を決めました。御院は積極的に最新機器を導入しており、新しい技術や治療法に触れられる点に魅力を感じました。これからは自己学習も含めてスキルアップに力を入れ、御院に貢献していきたいと考えております」

Q「当院でないといけない理由はありますか?

これまでのやりとりで「その応募先でなければならない理由」の根拠が弱いと感じた場合や、応募者の本気度を確認する目的で聞かれる質問です。回答にちゅうちょすると志望度が低いと思われてしまうため、自分なりの言葉で志望理由をあらためて伝えましょう。

回答例「御院はこの地域で40年以上も運営を続けられ、地元の方々からの信頼が厚いと聞きます。私はこの地域に引っ越してからまだ日が浅いですが、御院で働くことを通じて、地域のみなさまの健康を支えたいと思っております」

仕事・経験・スキルに関する質問

Q「歯科衛生士を目指したきっかけを教えてください」

歯科衛生士を目指したきっかけを聞くことで、「応募者の人となり」や「その仕事に対する思い」を確認する質問です。きっかけは人それぞれなので、エピソードを交えながら具体的に伝えるようにしましょう。

回答例「私が歯科衛生士を目指したきっかけは、中学生のときに憧れだったお姉さんが衛生士学校に通っていたからです。その人は歯科衛生士の仕事の魅力についてたくさん話してくれたので、次第に私も歯科衛生士を目指したいと思うようになりました」

Q「仕事をするうえで心がけていることを教えてください」

この質問では、あなたが歯科衛生士として働くうえでの信念を聞くことで、応募先の理念や方針と合っているかを確認しています。まず結論を伝え、続いて具体的な理由を説明しましょう。自身の心がけていることをもとに実際に取り組んだエピソードを聞かれる可能性もあるので、回答できるよう用意しておくと安心です。

回答例「私は患者さまとの丁寧なコミュニケーションを大切にしています。患者さまのなかには、自分の気持ちを言葉にするのが苦手な方もいらっしゃいます。そういった方と接するとき、私は「ゆっくりでいいですからね」などのように安心して会話できるような声掛けを心がけています。そのおかげで「◯◯さんが担当のときは安心できる」と言っていただくこともあります。御院に転職した場合も、患者さまに寄り添った診療を第一にしたいと考えております」

Q「これまでの仕事で印象に残っていることを教えてください」
Q「印象に残っている患者さんとのエピソードはありますか」

歯科衛生士としてこれまでにどのような経験をし、どう対応してきたのか、そしてその出来事をどう捉えているかを聞く質問です。エピソードの状況を説明し、そのうえで自分が学んだことや成長した点に触れるようにしましょう。

回答例「以前担当した患者さまが、ユニット着席時に口元を手で隠されていたことがあります。理由を尋ねてみると、長年歯科治療を受けておらず、恥ずかしさから歯を見せたくないとのことでした。そこで私は患者さまの気持ちに寄り添いながら、治療の大切さやケアの流れ、どのくらい変化があるかなどを丁寧に説明したところ、その方は次第に心を開いてくださり、無事に治療を終えて笑顔で帰られていきました。この経験から患者さま一人ひとりに寄り添った対応が治療には欠かせないと学び、今もその姿勢を大切にしています」

Q「診療に非協力的な患者さんに対してどう接しますか?

難しい場面でどのように対応するかを問う質問です。これまでの経験で具体的なエピソードが思い当たらないときは、仮説として答えてもOKです。

回答例「非協力的な患者さまには、無理に診療に入ろうとはせず、まず他愛のない会話からコミュニケーションを図ります。その人が抱えている不安や不満を探り、少しずつ歩み寄りながら不安を払拭することが信頼関係の構築につながるからです。無理な診療は患者さまのその後の治療にも悪影響となるため、必ず納得してもらったうえで少しずつ治療へと導いていきます」

労働条件・働き方に関する質問

Q「ほかにも選考を受けていますか」

この質問に対して「御院しか受けていません」と答えることで志望度の高さをアピールする人がいますが、事実でないのなら選考状況は正直に答えるようにしましょう。ほかに選考を受けているからといって一概に評価が下がるわけではなく、採用側は複数の応募者の採用スケジュールを調整する目的や、応募者の志望先に一貫性があるかどうかを確認するために質問していると考えられます。

回答例「ほかにもクリニックを2件受けており、1件は結果待ち、もう1件は来週面接予定です」

Q「何か質問はありますか」(逆質問)

面接の終盤では、応募者からの質問である逆質問を尋ねられることが多いです。その際に「とくにありません」という回答では、意欲が欠けている印象を与えてしまいます。少なくとも3つ程度は事前に質問を用意しておくと良いでしょう。

質問内容は自分が聞きたいことでOKですが、「事前に調べればわかる情報」「面接官がすでに説明したこと」「福利厚生や待遇面に関することばかり」を質問するのはNGです。もし準備していた逆質問の答えがそれまでの会話で登場した場合は、「お聞きしたかった質問はこれまでのお話で解消できたため、追加ではありません」などと伝えると好印象です。

逆質問は自己アピールや有用な情報を得られるきっかけにもなるため、上手に活用しましょう。

回答例

もし内定をいただけた場合、入職日までに学んでおくべきことや準備しておくべきものはありますか?」

「御院での一日の業務の流れを教えていただけますか?」

「将来的に認定歯科衛生士資格の取得を考えています。御院で働くうえでとくに役立つ認定分野があれば教えてください

そのほか、質問の受け答えの例文は以下の記事でも紹介しています。
質問回答42例!医療介護福祉の面接対策~自己紹介から逆質問まで網羅~
逆質問の例文まとめ!面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか」の答え方50選

3.歯科衛生士に聞いた面接対策の実例

実際に歯科衛生士の面接を受けた人たちに、どのように対策していたか、また実際にどのような質問回答があったのかをインタビューしました。面接対策のほか履歴書や志望動機の書き方も聞いているので併せて参考にしてみてください。

歯科衛生士インタビュー 友人から紹介された歯科医院へ転職
引用:28歳女性の履歴書・志望動機・面接対策(転職経験3回)より
歯科衛生士インタビュー 実習先だった歯科医院への転職
引用:25歳女性の履歴書・志望動機・面接対策(デンタルクリニック→歯科診療所)より

そのほかのインタビューはこちら

4.よくある質問

Q.歯科衛生士の面接時の服装は?

歯科衛生士の面接時の服装は、応募先からの指定がない限りスーツが基本です。面接の場であっても勤務時と同様に身だしなみが見られると考え、清潔感のある装いを意識しましょう。ヘアカラーは明るすぎない茶髪や黒髪にし、髪が長い場合はまとめ、アクセサリー類は結婚指輪以外は外します。ネイルを禁止している職場も多いため、面接時であっても派手なネイルは避けましょう。

服装や身だしなみについて詳しくはこちらで解説
【スーツ・私服別】医療介護福祉職の面接にふさわしい服装・髪型・メイク・身だしなみまとめ

Q.歯科衛生士の面接時の持ち物は?

歯科衛生士の面接時に必要な持ち物には、次のようなものがあります。

必ず要るもの

  • カバン(A4サイズの書類が折れずに入る大きさ)
  • 履歴書・職務経歴書(折れないよう、クリアファイルや封筒に入れる)
  • メモ帳・筆記用具
  • 面接会場の地図・緊急連絡先がわかるもの
  • スマートフォン・携帯電話
  • 現金・交通系ICカード
  • 腕時計
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 応募先から指定されたもの(資格証明書など)

あると便利なもの

  • 印鑑
  • スケジュール帳
  • モバイルバッテリー
  • 予備のストッキング・マスク・コンタクトレンズ等
  • 手鏡・メイク道具
  • 常備薬
  • 折りたたみ傘

歯科衛生士の求人を探す
ジョブメドレーに会員登録する

プロフィール

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療介護求人サイト「ジョブメドレー」が運営するメディアです。医療・介護・保育・福祉・美容・ヘルスケアの仕事に就いている人や就きたい人のために、キャリアを考えるうえで役立つ情報をお届けしています。仕事や転職にまつわるご自身の経験について話を聞かせていただける方も随時募集中。詳しくは「取材協力者募集」の記事をご覧ください!

あなたへのおすすめ記事

【歯科衛生士の履歴書・志望動機の書き方】学歴・職歴・本人希望欄の例文、写真サイズなどを全解説

【歯科衛生士の履歴書・志望動機の書き方】学歴・職歴・本人希望欄の...

歯科衛生士の就職・転職活動で欠かせない履歴書。履歴書だけで採用は決まりませんが、減点や書類選考で落ちてしまう要因にはなります。採用担当者に好印象を与えるために、基本的なマナーや作成のコツを押さえ...

求人の見方・転職ガイド 公開日:2024/05/17 更新日:2024/07/10

【歯科衛生士の職務経歴書の書き方】例文・テンプレートつき!作成のコツを紹介

【歯科衛生士の職務経歴書の書き方】例文・テンプレートつき!作成の...

歯科衛生士の職務経歴書の書き方を、例文とともに詳しく解説します。作成のコツを押さえて、採用担当者から評価される職務経歴書を目指しましょう!

求人の見方・転職ガイド 公開日:2024/05/21

【歯科衛生士の自己PR】例文でわかる!面接・履歴書・職務経歴書で使える書き方のコツ

【歯科衛生士の自己PR】例文でわかる!面接・履歴書・職務経歴書で...

歯科衛生士の自己PRの書き方をわかりやすく解説! 採用担当者が評価するポイントや、面接・履歴書などシーン別の注意点を押さえましょう。経験年数や長所に応じた例文も併せて紹介します。

求人の見方・転職ガイド 公開日:2024/05/29

【スーツ・私服別】医療介護福祉職の面接にふさわしい服装・髪型・メイク・身だしなみまとめ

【スーツ・私服別】医療介護福祉職の面接にふさわしい服装・髪型・メ...

転職活動の要ともいえる「採用面接」。今回はとくに医療・介護・福祉業界で面接を受ける方に向けて、シチュエーション別に適した服装・身だしなみの例や、実際に面接した経験者の実例をご紹介します。

求人の見方・転職ガイド 公開日:2020/04/24 更新日:2023/10/30

ジョブメドレーを使って求人を探し、応募するには? 操作方法を解説!

ジョブメドレーを使って求人を探し、応募するには? 操作方法を解説...

「ジョブメドレーの求人に応募したいけど、どんな手順で進めればいいの?」という方に読んでいただきたい、ジョブメドレーを使って希望の求人を探し、応募するまでの方法をわかりやすく解説します。

求人の見方・転職ガイド 公開日:2021/02/24 更新日:2022/11/14

ジョブメドレーで内定をもらった人に聞く! 応募〜面接はどう進んだ? おすすめの使い方は?

ジョブメドレーで内定をもらった人に聞く! 応募〜面接はどう進んだ...

「ジョブメドレーの転職活動はどう進むの?」「求人サイトってよくわからなくて」「どんな使い方がおすすめ?」といった疑問や不安がある方必見! 実際にジョブメドレーを使って転職活動を終えた人に、その過...

求人の見方・転職ガイド 公開日:2022/12/05

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 事業所からスカウトが届く

  2. 2 希望に合った求人が届く

  3. 3 会員限定機能が利用できる

無料で会員登録をする

LINEでもお問い合わせOK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録がお済みの方はLINEで通知を受け取ったり、ジョブメドレーの使い方について問い合わせたりすることができます。

LINEで問い合わせる

ジョブメドレーへの会員登録がお済みの方はLINEで通知を受け取ったり、ジョブメドレーの使い方について問い合わせたりすることができます。

歯科衛生士の新着求人

職種とキーワードで求人を検索

Btn pagetop