1. よく見かける「生活援助」と「身体介護」、この違いって何?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/02/09
よく見かける「生活援助」と「身体介護」、この違いって何?

訪問介護の求人によくある仕事内容「生活援助」と「身体介護」。実際に仕事をする中でも「これってどっち?」という疑問にぶつかることはないでしょうか?2つのサービスの違いについて詳しくみていきましょう。

利用者の代わりに必要な家事を行う生活援助

生活援助とは、利用者本人や家族が行えない日常生活の家事を介護士の視点をもって代行するもの。介護保険が適用されるサービスです。利用者のからだには直接触れない以下のような援助をさします。

  • ・利用者が生活するスペースの掃除
  • ・一般的な食事の支度
  • ・洗濯
  • ・買い物
  • ・薬の受け取り
  • ・見守り 等

これらの援助は本人に対して行われるもの。ですから、たとえば利用者が家族のために行っていた家事の代行、本人以外の部屋の掃除、ペットの世話などは生活援助には含まれません。また、日常生活の枠を超えた家事も生活援助の対象外。具体的には以下のような内容です。

  • ・大掃除
  • ・草むしり
  • ・家具の移動
  • ・窓ふき
  • ・お節料理の準備 等

ただ、事業所によってはこれらを生活援助ではなく「保険適用外のサービス」として提供している場合もあります。

利用者に直接働きかける身体介護

一方の身体介護とは、

  1. 1.利用者のからだに直接触れて行うもの
  2. 2.利用者のADLや意欲の向上を目的として、利用者と一緒に行うもの
  3. 3.専門的な知識や技術を必要とするもの

この3つをさします。具体的には

  • ・食事介助
  • ・排泄、更衣、洗面、清拭や入浴の介助
  • ・体位変換、移乗・移動介助
  • ・通院や外出介助
  • ・利用者が家事を行う際、安全を確保するための声掛けや見守り
  • ・共に行う調理や掃除などの家事
  • ・服薬介助
  • ・たんの吸引、経管栄養(都道府県の登録機関で一定の研修を修了し認定を受けた者に限る)

などです。また、嚥下困難者に対する流動食や糖尿病食など、特別な配慮が必要な食事を作るため、医師や管理栄養士等の指示に沿って行う調理は、介護職/ヘルパーが全て行っても身体介護の扱いとなります。

身体介護と生活援助、違いを知るってとても大切!

身体介護と生活援助の大きな違いは、利用者のからだに直接触れるかどうか。同じ見守りでも、調理や掃除をしながら見守る生活援助とは違い、身体介護はいつでも介護できる状況下で見守る必要があります。このような両者の違いをきちんと把握した上で転職先を探すようにすると、これまでの経験を生かしやすく希望の転職先を見つけやすくなりますよ。事業所によっては身体介護と生活援助で時給を分けていたり、業務のほとんどが身体介護という事業所もあります。両者の違いをきちんと意識して、入職後も利用者のできることを見極めたケアの提供に生かしていきましょう。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop