1. ケアマネジャーの上級資格「主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)」とはどんな資格?その要件は?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2018/06/22
ケアマネジャーの上級資格「主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)」とはどんな資格?その要件は?

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)をご存じですか?主任ケアマネジャーは誕生して10年ほどなので馴染みは薄いかもしれませんが、ケアマネジャーのキャリアアップにつながる資格です。今回は主任ケアマネジャーになるための要件、仕事内容や活躍の場を探ってみましょう。

1.主任ケアマネジャーとは?

主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)は、一般のケアマネジャーの上級資格として、2006年の介護保険制度の改正で設けられました。ケアマネジャーの上級資格として、どのような活躍が期待されているのでしょうか?その制度の導入の目的を探れば、主任ケアマネジャーの役割も把握できるかもしれません。まずは一般的なケアマネジャーの職域から確認していきましょう。

そもそもケアマネジャー(介護支援専門員)って?

ケアマネジャーは、居宅介護支援事業所や老人ホーム、地域包括支援センターなどの施設にて、利用者さんの介護サービス計画書(ケアプラン)を作成することが主な業務です。また、介護保険サービスの要として、市町村や医療機関、利用者のご家族との連絡調整を行うことも重要な仕事とされています。ケアマネジャーと一口に言っても、「居宅ケアマネ」と「施設ケアマネ」の2つに大きくわけられます。居宅ケアマネはご自宅で介護を受けられる方を対象とし、施設ケアマネは老人ホームやデイサービスなどで介護を受ける方を対象としています。ケアマネジャーについての詳しい内容については、介護が必要な人とサービスとを結びつけるケアマネジャーの仕事って?をご覧ください。

主任ケアマネジャーの役割は?

主任ケアマネジャーに期待されている役割は、大きく分けて次の3つです。

  • ・介護に関わる多様なサービス(介護保険、医療、福祉など)のネットワークの向上
  • ・ほかのケアマネジャーへの助言や指導を担うフォローアップ役
  • ・地域の課題や特性を見極めて包括ケアシステムを進める実践者としての役割

どの課題も、従来のケアマネジャーより広い視野や豊富な経験、知識を求められるもの。課題解決のための専門的な技術も必要とされます。主任ケアマネジャーとは、ケアマネジャー業務のエキスパートといえるでしょう。

2.主任ケアマネジャーになるための要件は?

では、どうすれば主任ケアマネジャーになれるのでしょうか。実は、特別な資格試験はありません。そのかわり、一定の実務経験や「主任介護支援専門員研修」の受講が求められます。受講の要件は、自治体によって多少異なりますが、おおむね以下のような条件のいずれかを満たしている必要がります。

  • ・専任のケアマネジャーとして勤務していた期間が、通算で5年(60カ月)以上である人
  • ・ケアマネジメントリーダー養成研修を修めた人で、さらに専任のケアマネジャーとして働いた期間が通算して3年(36か月)以上である人
  • ・主任介護支援専門員に準ずる者として、地域包括支援センターに配置されている人
  • ・ケアマネジャーの業務に関し十分な知識と経験を持っており、都道府県によって認められた人

※参照:厚生労働省/主任介護支援専門員研修ガイドライン

また、受験費用も自治体によって差があるようです。例えば東京都は52,600円、大阪府は60,000円、福岡県は30,000円となっています(いずれも2018年度時点の受講料)。地域によっては大きな幅があるので、受講する前にあらかじめお住まいの都道府県のホームページで、受講要件や費用を確認しておくとよいでしょう。

なお2016年からは、主任ケアマネジャー資格は5年ごとの更新制となり、「主任介護支援専門員更新研修」を受講しなくてはならなくなったのでご注意ください。

3.主任ケアマネジャーに求められる能力は?

前提として、主任ケアマネジャーの主な業務は、ほかのケアマネジャーへのアドバイスやフォローアップを行うことです。

そのほか、以下のような活躍も期待されています。

  • ・ケアマネジャーに対しての、技術・知識的な育成や指導
  • ・ケアマネジャーが介護サービス計画書(ケアプラン)を作成する際、そのアドバイスや支援
  • ・地域のケアマネジャーの質の向上を図るための、会議や交流会の機会を設ける
  • ・地域の医療機関や行政との連携

このような業務内容から、主任ケアマネジャーにはケアマネジャーとしての十分な知識とスキル、そして経験が必須と言えます。また、新人ケアマネジャーの教育担当であったり、他の機関との連携を図ったりする役割も担いますます。そのため、互いの信頼関係を築くための「コミュニケーション能力」、業務を円滑に進行するための「マネジメント能力」、地域などから持ち込まれる困難なケースを解決するための「問題解決能力」など、総合的な能力を問われることがありそうです。主任ケアマネジャーとして活躍するためにも、専門職としての知識やスキルだけではなく、社会人としての基礎力もしっかりと身に着けていきたいですね。

4.主任ケアマネジャーの活躍の場

主任ケアマネジャーの活躍の場は、居宅介護支援事業所、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設など、基本的にはケアマネジャーに馴染みのある事業所です。各事業所では、ケアマネジャーの指導や育成を行い、ケアプラン作成の助言なども行います。そして、さまざまな職種との連携や調整を図ることで、より適切で円滑なサービス提供へと導きます。

また、地域包括支援センターも主任ケアマネジャーの代表的な活躍の場。地域包括支援センターでは、予防ケアマネジメントや総合相談支援業務などを行います。広い視点からの継続したケアマネジメント支援を担うこの地域包括支援センターでは、主任ケアマネジャーを配置することが必須条件となっています。そのため、主任ケアマネジャーの資格を所有していることで、就職先を選ぶ際にはより幅広い選択肢から選ぶことが可能となります。

5.主任ケアマネジャーになるメリットは?

主任ケアマネジャーの資格を所有することは、ケアマネジャーとして豊富な経験や知識があることの証明にほかなりません。「主任介護支援専門員研修」を受講することによって、ケアマネジャーとして、さらに深い知識と技術を得られることが大きな魅力です。それに伴い、職場の同僚や他のケアマネジャーからも頼りにされ、より信頼されることとなるでしょう。

さらに、超高齢社会となった日本では、主任ケアマネジャーの活躍できるフィールドは広がりをみせていくことが予想できます。主任ケアマネジャーの需要はますます増加し、資格を取得していることで転職の際に有利となるでしょう。その専門性の高さから、職場によっては報酬にも差がつくことがあるかもしれません。また、代表的な就業先である地域包括支援センターは公的機関なので、職場としての安定性も魅力的です。

6.さいごに

主任ケアマネジャーの歴史は浅く、需要や待遇共にまだこれから伸びる職種とみられます。資格取得のためのハードルは人によっては高く感じることもあるかもしれませんが、そのハードルの高さに見合う価値はあるでしょう。キャリアアップを狙っているケアマネジャーさんは是非、主任ケアマネジャーを目指してみてください。

ジョブメドレーでは主任介護支援専門員のケアマネジャーの特徴ページから求人を探せるので、ぜひチェックしてみてください。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop