1. 前の職場を短期間で辞めたら転職に影響がある?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/02/13
前の職場を短期間で辞めたら転職に影響がある?

職場の人間関係や労働条件が合わずに短期間で辞めてしまうこともありますよね。そんな時に気になるのが「すぐに辞めてしまったことが転職に影響があるのか」ではないでしょうか?ポイントは、辞めた理由をどうポジティブな内容に変換してアピールできるかどうかです。

短期間で辞めた人を事業所側はどう見ている?

短期間で仕事を辞めてしまった場合、採用する側はその人に対して「飽きっぽいのではないか?」「嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうのではないか?」という懸念を抱いてしまいます。しかし、転職活動において「新しい就職先でどんな仕事ができるのか」ということをしっかりとアピールすることができれば、短期間で辞めたことが不利になることはありません。また、自身の病気や結婚、家族の介護といったやむを得ない理由の場合は、仕事に支障をきたさずに働けるかを伝えれば問題はないでしょう。

なぜ短期間で辞めてしまったかを分析

人間関係や労働環境に不満があって辞めてしまった場合、転職活動をする際に自分の求めている環境と合致しているのかどうかをしっかりと調べてから応募することも大切です。そのためには、「自分がなぜ短期間で辞めてしまったのか」を客観的に分析する必要があります。次の転職先でも短い期間で辞めてしまうことがないように、自分に合った環境の職場を見つけられるようにしましょう。

前向きな志望動機や目標を伝えよう

短期間で前の職場を辞めてしまった場合、何かしらの理由が存在します。採用する側もまたすぐに辞めてもらっては困るため、入職希望者には退職した理由を聞くことがほとんどです。その場合は、できる限りプラスの要素を含めたポジティブな意見を述べることが重要です。一番いいのは、応募する企業でしかできないことを志望動機としてあげ、「その会社でどんなことがしたいのか?」という長期目標をしっかりとアピールすること。長期的な目標を持っていることで、短期間で辞めるというイメージをなくすことができます。ほかにも、「勤務日数は短いものの覚えたスキルを次の転職先で使って仕事がしたい」「前の職場に携わってみて自分にはこのような職業が合っていると感じた、よりやりがいを持って働ける」などのように、転職先にとってあなたが入ることでどんなメリットがあるのかを伝えることが重要です。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop