1. 2018年4月スタート!障害者の地域生活を支える「自立生活援助」とは?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2018/03/23
2018年4月スタート!障害者の地域生活を支える「自立生活援助」とは?

障害者の生活を総合的に支援する法律である「障害者総合支援法」の改正に伴い、2018年4月より「自立生活援助」が創設されます。この新たなサービスの概要についてご紹介します。

自立生活援助はどんな目的で創設された?

障害者支援施設やグループホーム、病院等の医療機関で生活している障害者の中には、一人暮らしを希望している方も多くいます。しかし、障害によって理解力や生活能力が十分でない場合、地域の中で安心して一人暮らしをすることが難しいケースもあります。そこで、本人の意思を尊重しつつ、地域で生活していくために必要な理解力や生活能力を補うためのサービスとして、「自立生活援助」が新たに創設されることになりました。

自立生活援助の対象者となるのはどんな人?

例えば、以下のようなケースが対象者として挙げられています。

  • ・障害者支援施設やグループホーム等を退所、または病院等の医療機関から退院して一人暮らしを望む方
  • ・単身で暮らしている、あるいは同居する家族等に疾病・障害があるため、支援が見込めない方

上記以外でも、自立生活援助の利用によって自立した日常生活や社会生活が送れる見込みのある方は、サービスの利用が可能です。

自立生活援助の具体的な内容について知りたい!

施設や病院などの保護された環境と、一人暮らしでの環境は大きく異なります。一人暮らしでは、身の回りのことはもちろん、社会との関わりなど、やらなければならないことがたくさんあります。それらが適切に行えるように、定期的な訪問でサポートするのが自立生活援助のサービスです。

具体的には、

  • ・食事、洗濯、掃除などは適切に行えているか
  • ・公共料金や家賃の払い忘れはないか
  • ・体調に変化はないか、通院が必要な場合、きちんと通院できているか
  • ・地域の住民との関係は良好か

といった利用者の生活状況を確認し、必要に応じて助言を行ったり、医療機関などと連携を図ったりして、安心して地域での生活を送ることができるように支援を行います。

定期訪問以外にも、利用者からの要請があれば電話やメール、訪問等を随時行い、利用者にとって必要なタイミングできめ細かい対応を行うことが可能です。サービスの利用期間は「一年間」ですが、利用期間終了後も必要性が認められる場合には更新が可能な場合があります。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop