1. デイケア(通所リハビリテーション)の役割とは?デイサービス(通所介護)とどのように違う?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

人気のコラムランキング

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2017/11/17
デイケア(通所リハビリテーション)の役割とは?デイサービス(通所介護)とどのように違う?

通所サービスのひとつであるデイケア(通所リハビリテーション)。どんな場所かご存じですか?デイケアの特徴や、デイサービス(通所介護)との違いを紹介します。

需要増加が見込まれる「通所サービス」

政府は「できる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す。」という指針のもと、近年、在宅医療・介護の推進に力を入れています。このような背景もあり、自宅に住みながら日中の一定時間施設に通って医療・介護サービスを受ける「通所サービス」の利用者が増えているようです。

通所サービスと聞くと「デイサービス(通所介護)」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実は、通所サービスには、デイサービス以外に「デイケア(通所リハビリテーション)」というものもあります。どちらも通いで食事や入浴といった日常生活上の支援、生活機能向上のための訓練などのサービスを受けられる点は共通しています。では、この2つの通所サービスに違いはあるのでしょうか?

医療系サービスが主体のデイケア

大きな違いは、事業所の種類と目的にあります。デイサービスは単体の事業所で行われることが多く、生活支援などの介護サービスが主体です。一方でデイケアは、病院、診療所、介護老人保健施設などの医療機関やリハビリテーション施設に併設されていることが多く、病気やケガなどが原因の機能低下に対して、医師の指示のもと理学療法士や作業療法士などの専門職が機能回復を図ります。この性質から、デイケアはデイサービスとは異なり、利用するために主治医の指示書が必要となります。

さまざまな職種の医療・介護スタッフがいるデイケア

デイケアを行う事業所は、条例によって設置基準が設けられています。常勤の医師(利用者の定員が少人数の診療所では専任の医師)が必ず1人以上勤務しており、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、介護職員といったスタッフが、事業所の定員数に応じて配置されています。医療・リハビリ・介護と、さまざまな分野の職種が協働しているため、リハビリテーションを主体にしつつ、入浴介助や食事の提供などのサービスを提供したり、レクリエーションを行ったりすることができるのです。

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop