1. 医療介護求人ジョブメドレー
  2. なるほど!ジョブメドレー
  3. ドラマ『アンサング・シンデレラ』から知る「病院薬剤師」の仕事とは?

「なるほど!ジョブメドレー」は、医療や介護、保育などのお仕事に就いている人や就きたい人のための「働く」を考えるメディアです。

ジョブメドレー公式SNS

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

コラム2020/07/22
ドラマ『アンサング・シンデレラ』から知る「病院薬剤師」の仕事とは?

ドラマの影響で注目が集まる「病院薬剤師」ですが、「病院にも薬剤師がいると知らなかった」という人も多いのでは? 実はさまざまな関わり方で私たちの健康をサポートしてくれている病院薬剤師の仕事について紹介します。

『アンサング・シンデレラ』病院薬剤師の葵みどり
©フジテレビ

1.ドラマ『アンサング・シンデレラ』とは?

1-1.連ドラ初「病院薬剤師」が主人公


『アンサング・シンデレラ』病院薬剤師の葵みどり
©フジテレビ

2020年7月より放送開始した『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は、日本の連続ドラマでは初となる「病院薬剤師」が主役の医療ドラマ。

「病院薬剤師」とは、その名のとおり病院で働いている薬剤師のこと。一般的に薬剤師といえば、病院でもらった処方箋を持っていき、薬局で薬を処方してくれる人のイメージがあるのでは?

実は医師や看護師をはじめとした医療従事者のうち約1割は薬剤師で、そのうちの2割弱は、病院やクリニックで働く薬剤師です。あまり知られていませんが、日本には多くの「病院薬剤師」が働いています。

さまざまな医療ドラマがある中で、これまで「薬剤師」にスポットを当てた作品はほとんどありませんでした。これは作品のタイトル「アンサング」にも表れており、「称賛されない・知られていない」といった意味があります。

1-2.見どころ


『アンサング・シンデレラ』病院薬剤師の葵みどり
©フジテレビ

主人公はキャリア8年目の薬剤師、葵みどり(演:石原さとみさん)。総合病院の薬剤部にて、医薬品全般における豊富な知識を活かしながら、薬の調剤や患者への服薬指導、医薬品の管理・販売などをおこなっています。

第1話では、薬剤師の業務のひとつ「疑義照会(ぎぎしょうかい)」がおこなわれるシーンがあります。疑義照会とは、医師の出す処方箋に対し間違いや疑問があるとき、薬剤師が異議を唱えること。日本では一日に約220万枚の処方箋が出されており、そのうちの6万枚以上が疑義照会にかけられ、うち約70%が処方変更となっています。処方薬の内容が適正に見直されることは、患者が安全に医療を受けるための“最後の砦”。疑義照会は、薬剤師だけがかけられる重要な役割です。

2.病院薬剤師と薬局薬剤師の違い

『アンサング・シンデレラ』薬剤部調剤室の様子
舞台となる萬津総合病院薬剤部の様子 ©フジテレビ

ドラマの主役である「病院薬剤師」と、薬剤師の中で多数派の「薬局薬剤師」は、働く場所が異なることはもちろん、業務内容や患者との関わり方にも違いがあります。

■薬局薬剤師


調剤薬局で働く薬剤師の業務は、医師の出す処方箋にもとづき必要な薬を調剤する「処方薬の調剤業務」と、調剤した処方薬の効能や服薬の仕方、注意事項などを説明する「患者への服薬指導」が中心となります。ドラッグストアに併設している薬局の場合、OTC(一般用医薬品)や日用品の販売、接客、在庫管理、品出し・陳列もおこないます。

近年の「かかりつけ薬局・薬剤師」の制度により、薬局で働く薬剤師は、地元に暮らす人たちが日常的に薬や健康について相談できる存在としても期待されています。薬に関する知識はもちろん、健康食品やサプリメントなどの幅広い知識も求められます。利用者と信頼関係を築くコミュニケーション能力なども重要です。

【関連記事】かかりつけ薬剤師とは? なるための要件、仕事内容、指導料について解説

■病院薬剤師


一方で病院薬剤師は、入院患者や外来患者の調剤業務・服薬指導のほか、医師や看護師に対して医薬品の情報提供をおこなったり、院内の会議に参加し治療法を検討したりするなど、より医療現場に密接して業務にあたります。

病院では関わる職種も多く、医師や看護師のほか、リハビリに関しては理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などとリハビリ中に使用する薬の内容について提案したり、がん患者の緩和ケアに関しては医療ソーシャルワーカーや心理士などともチームを組み、薬物治療の提案をおこなったりします。

近年では、多職種がそれぞれの専門性を活かす「チーム医療」が主流になってきました。そのため、これまでは患者や多職種との関わりが少なかった病院薬剤師も、治療やリハビリに参加し、医薬品分野のプロとして知見を発揮することが求められています。

3.病院薬剤師の仕事

ここからは、病院薬剤師のより具体的な業務内容について、ドラマのシーンとも絡めながら紹介していきます。

3-1.調剤業務

『アンサング・シンデレラ』調剤した薬の確認をする様子
調剤した処方薬の中身が正しいか鑑査する様子 ©フジテレビ

薬剤師の代表的な業務で、医師の処方箋に沿って薬を用意し、患者へ交付すること「調剤」といいます。

ドラマの第1話でも、調剤のシーンが何度か登場しました。速さと正確性が求められるなか、膨大な量の処方をこなしていく様子に圧倒された人もいるのではないでしょうか?

調剤業務では、まず医師から届いた処方箋を確認(鑑査)し、薬の量や飲み方、飲み合わせ、他の科で出された薬との重複がないかなどを確認します。内容に疑問がある場合は、医師に問い合わせ(疑義照会)をおこないます。

処方内容に問題がないことが確認されたら、必要な量の薬を取り揃えます。この際、1回分の服用分がわかりやすいように分包機を使って一包にまとめることもあります。

調剤された薬は、別の薬剤師が最終確認(鑑査)したのち、患者へ交付されます。外来の場合は、薬剤師自らが薬の効能や服用の仕方、注意点などを説明します。入院患者の場合は、看護師を通して届けられることが多いです。

※調剤の定義は法律で明確に定められていないため、薬を用意するまで、薬の交付まで、交付後の経過観察まで含めるなど、解釈の範囲が異なることがあります。

3-2.製剤業務

市販されていない薬を病院内でつくること「製剤」と言います。市販薬で効果が得られない場合や、市販薬の形状のままでは治療に使用できない場合などに、患者一人ひとりに最適な形の薬を製剤します。

3-3.医薬品の管理

医薬品の購入と保管などの在庫管理、病院内の各部署への供給と管理をおこないます。病院には劇薬や麻薬、血液製剤(血液を原料とする薬)などの厳重に取り扱うべき医薬品もあるため、法律に従い安全に管理します。また、医薬品の品質が維持できるように、温度や湿度、光などの管理も欠かせません。

3-4.医薬品情報業務(DI)

『アンサング・シンデレラ』DI室責任者の荒神
DI室責任者の荒神 ©フジテレビ

医薬品情報業務は「DI(Drug Information)」とも呼ばれます。製薬会社や専門文献、インターネットなどで信憑性の高い医薬品の情報を集めて分析・評価をおこない、スタッフが参照しやすいように管理します。

また、医師や看護師、患者などからの薬に関する問い合わせが届いた場合は、適切な内容・量の情報をわかりやすい形で提供することも業務のひとつです。

ドラマでは、医薬品情報を取り扱う「DI室」の責任者として、ベテラン薬剤師の荒神(演:でんでんさん)が登場しています。

3-5.入院患者への服薬指導

『アンサング・シンデレラ』病棟をまわり服薬指導にあたる様子
病棟をまわり服薬指導にあたる様子 ©フジテレビ

入院している患者や家族に対して、治療に用いる薬の効能や副作用、服薬方法を説明します。薬が効いているかの確認もおこない、適切に服薬できていない場合は直接指導します。

患者が日常的に使用している市販薬や健康食品などを確認し、治療のために見直したほうがいいものがあれば医師に提案することも薬剤師の役割のひとつです。

ドラマの第1話では、葵と新人薬剤師の相原(演:西野七瀬さん)が入院患者の病棟をまわり、服薬指導をおこなうシーンがありました。看護師とも連携しながら患者の病状を定期的に確認していきます。

3-6.外来化学療法

化学療法とは抗がん薬を用いた治療のことで、近年では外来での化学療法が発展していることから、薬剤師の出番も増えています。

薬剤師は、抗がん薬の治療計画書(レジメン)の内容を確認し、患者に抗がん薬の効果や副作用などを説明します。治療の経過を見る中で処方変更が必要なら、医師に処方提案をおこないます。

抗がん薬の調剤も薬剤師がおこないますが、抗がん薬は毒性が強いため、調剤者自身が健康被害を受ける可能性があります。無菌調剤室で専門的な取り扱い知識のもと、安全に注意しながら調剤します。

3-7.治験業務

『アンサング・シンデレラ』治験管理担当の薬剤部副部長の七尾と薬剤部副部長の瀬野
治験管理担当の薬剤部副部長の七尾(写真右) ©フジテレビ

「治験」とは、国より製造販売承認を得るためにおこなわれる新薬の臨床試験で、薬剤師も関わります。

薬事法に定められている「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)」によると、治験業務に携わる薬剤師には、専門的な立場から治験責任医師の業務を支援すること、治験薬を適正に保管・管理すること、治験の計画書に従って治験薬が適正に投与されているか確認することが義務づけられています。

ドラマでは、薬剤部副部長の七尾(演:池田鉄洋さん)が治験管理を担当しています。今後の展開で、治験に関するシーンも登場するかもしれません。

3-8.救命救急業務

『アンサング・シンデレラ』救命救急中の様子
©フジテレビ

救急患者を受け入れている病院では、薬剤師も医師や看護師らとチームを組み、救命救急業務にあたることがあります。一刻を争う救命救急の現場では、わずかなミスや時間の経過が命に関わるため、高度な医療知識と迅速な判断力が求められます。

薬剤師は搬送された患者の状態に合わせ、使用する薬剤の選択や投与量・方法などを提案します。また薬に関することだけではなく、薬剤師もチームの一員として、心臓マッサージなどの心肺蘇生や医師・看護師のサポートもおこなうことがあります。

ドラマの第1話でも、スズメバチに刺され搬送された救急患者に対して、葵が心臓マッサージをおこない、医師らと協力して一命を取り留めるシーンがありました。

4.さいごに

これまであまり知られてこなかった薬剤師の仕事に迫る『アンサング・シンデレラ』。薬剤師ならではのどのようなエピソードが繰り広げられるか、今後の展開が楽しみです。

ジョブメドレーでは、全国の病院薬剤師の求人を約350件、薬剤師をサポートする調剤薬局事務の求人を約1300件掲載しています。興味を持った方は、お住まいの地域やほかの条件で絞り込んで検索してみてくださいね。



『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
写真・情報提供:
『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系列で 木曜 夜10時〜放映中)

関連リンク

職種とキーワードで求人を検索

×

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。
キープリストの保存期間は2週間です。会員登録またはログイン
をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

無料で会員登録をする

Btn pagetop