1. 看護助手求人トップ
看護助手の画像
看護助手の求人

キーワードで探す

オープニングスタッフの特徴で検索する

看護助手の特集から探す

テレビCM放送中!!

会員登録がまだの方

  1. 1 新着求人や匿名スカウトが届く

  2. 2 転職成功で祝い金がもらえる

  3. 3 キャリアサポートを受けられる

無料で会員登録をする

ジョブメドレー公式SNS

LINEでも相談OK!

ジョブメドレーの専任キャリアサポートにLINEで相談できます! QRコード

@jobmedley

ジョブメドレーへの会員登録が
お済みの方はLINEで専任キャリア
サポートに相談できます。

看護助手の就職・転職の傾向

病院で働く看護助手は約186,300名

看護助手の就業先として最も多いのは一般病院です。一般病院・精神科病院・医育機関(大学病院など)の3つの就業先で2016年の就業人口を比較すると、一般病院が約82%、次いで精神科病院が約15%、医育機関が約3%となっています(厚生労働省「平成28年病院報告」より)。これら病院の看護助手の従事者数は、常勤換算で約186,300名でした。前年は192,329名であり減少はしているものの、全病院従事者の約10%を占めており、病院にとって欠かせない職種であることが伺えます。看護助手は、無資格・未経験でも就業可能な職場が多く、また医療現場は常に人手不足なため、比較的入職がしやすい職種であるといえます。加えて病院は、託児施設や職員寮などを備えているケースも多々あり、福利厚生の面でも人気があります。一方、就業者数がやや減少しているのは、入職後の仕事に対するギャップや体力的な問題があるからかもしれません。人の健康や命に関わるやりがいのある仕事ですが、その重責に耐えられなかったり、夜勤などで体力が持たなかったりといったことも実際にあります。

看護助手の転職時期は一般職種とさほど変わらない

看護助手の就職・転職が活性化する時期としては、3月と10月があげられます。看護助手は就業するために必須の資格がないため、就業先を変えるタイミングは一般的な就職・転職時期と近い傾向です。医療・介護の現場では、たった一人でも欠員がでると、残された職員にとっては過大な業務負担が生じてしまいます。円満退職を目指すなら、退職意思は早めに伝えておいたほうがよいでしょう。遅くとも、希望退職日の3か月前など、病院側が無理なく欠員補充できる程度の期間はみておいたほうがよさそうです。求人件数としては、正社員の募集も、パートやバイトの募集も一定数あります。ひとつの施設で正社員とパート・バイトのどちらも募集している場合もあり、ご自身の生活に合わせて働き方を選びやすい職種といえるでしょう。

病院の種類別にみた就業看護助手 2016年

厚生労働省「平成28年病院報告」より作成

お仕事をお探しの方へ!

会員登録をするとあなたに合った
転職情報をお知らせできます

1週間で
12,335
がスカウトを受け取りました!!
無料で会員登録をする

悩みごとはありませんか?

キャリアサポートスタッフがお電話での
ご相談にも対応しております

お問い合わせをする
ログインしてください

こちらの機能をご利用するにはログインが必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ会員でない方は会員登録をしてください。

Btn pagetop