Job category na long Job category na short

看護助手
求人・転職・就職・アルバイト募集情報

「職場の環境」が掲載されている看護助手の求人

「職員の声」が読める看護助手の求人

未経験OKの求人

育児支援ありの求人

賞与ありの求人

看護助手の就職・転職の傾向

病院の種類別にみた就業看護助手 2016年

厚生労働省「平成28年病院報告」より作成

病院で働く看護助手は約186,300名

看護助手の就業先として最も多いのは一般病院です。一般病院・精神科病院・医育機関(大学病院など)の3つの就業先で2016年の就業人口を比較すると、一般病院が約82%、次いで精神科病院が約15%、医育機関が約3%となっています(厚生労働省「平成28年病院報告」より)。これら病院の看護助手の従事者数は、常勤換算で約186,300名でした。前年は192,329名であり減少はしているものの、全病院従事者の約10%を占めており、病院にとって欠かせない職種であることが伺えます。看護助手は、無資格・未経験でも就業可能な職場が多く、また医療現場は常に人手不足なため、比較的入職がしやすい職種であるといえます。加えて病院は、託児施設や職員寮などを備えているケースも多々あり、福利厚生の面でも人気があります。一方、就業者数がやや減少しているのは、入職後の仕事に対するギャップや体力的な問題があるからかもしれません。人の健康や命に関わるやりがいのある仕事ですが、その重責に耐えられなかったり、夜勤などで体力が持たなかったりといったことも実際にあります。

すべて見る

看護助手の転職時期は一般職種とさほど変わらない

看護助手の就職・転職が活性化する時期としては、3月と10月があげられます。看護助手は就業するために必須の資格がないため、就業先を変えるタイミングは一般的な就職・転職時期と近い傾向です。医療・介護の現場では、たった一人でも欠員がでると、残された職員にとっては過大な業務負担が生じてしまいます。円満退職を目指すなら、退職意思は早めに伝えておいたほうがよいでしょう。遅くとも、希望退職日の3か月前など、病院側が無理なく欠員補充できる程度の期間はみておいたほうがよさそうです。求人件数としては、正社員の募集も、パートやバイトの募集も一定数あります。ひとつの施設で正社員とパート・バイトのどちらも募集している場合もあり、ご自身の生活に合わせて働き方を選びやすい職種といえるでしょう。

閉じる

職種から求人を探す

医科

歯科

介護

保育

リハビリ/代替医療

その他

会員登録もしくは
ログインをしてください

こちらの機能をご利用するには会員登録かログインが必要です。まだ会員でない方は会員登録をしてください。既に会員の方はログインしてください。

キープしました!

キープした求人は『キープリスト』に保存されます。キープリストの保存期間は2週間です。 会員登録 または ログイン をしていただければ、その期間を越えてご利用できます!

読み込み中
読み込み中

「医療・看護・介護・福祉・保育」業界を専門とする求人サイト『全67サイト』の求人件数比較において、求人件数がNo.1

2018年11月12日時点